晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

チャン・イーモウ監督最新作 SHADOW/影武者を観てきました。

SHADOW/影武者を観てきました。

eiga.com

まだ公開中なので、ネタバレしない程度に。
三国志からヒントを得た世界で、
カラー映画なのに肌と血以外はモノクロ。
水墨画の幻想と
鬼気迫る戦い。
戯曲のようであり、
羅生門、用心棒、七人の侍
黒澤映画を観ているような、
すべてが芸術でした。

チャン・イーモウは大作が多いけど、
初恋のきた道とか、
あの子を探しても良いよ。
派手さはないけど見せてくれる。

SHADOW/影武者のエンディングロールで、
協賛企業のアイコンが一番カラフルでした。
私でさえTikTokやBuido、支付宝(アリペイ)を知ってるので、
中国の力がすごい。

そういえば
昨年の2018年サッカーワールドカップロシア大会の広告も
中国企業が多かったですね。
ハリウッド映画でも中国を舞台にするシーンがあるので
日本以上に良い環境があるのでしょうね。
うらやまー。
なんか脱線してるので、ここまでにします。おわりー。

過去作品を手軽に見られる





初恋のきた道



あの子を探して



羅生門