晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

大和は国のまほろば。大滝ダムと蜻蛉の滝をめざして、電車もない秘境へ。

奈良県は魅力度ランキングで第7位だそうです。
diamond.jp

なんでいつも上位に入ってるんだろう。
考えてみました。

立地
大阪京都和歌山三重にかこまれてて移動しやすい。
近鉄とJRの2ウェイアクセスができる。
大阪まで1時間以内で出ることができる。
(大阪で働き奈良に住む、奈良府民が多い)

環境
静か。(虫とか動物の鳴き声はうるさい)
高い建物がない。タワーマンションがない。
古代ロマンあふれる歴史的建造物や古墳がたくさんある。
北部の奈良盆地と南部の紀伊山地で景色が違う。
おしゃれなパン屋やイタリアンのお店が多い。なんでだろ。

アカンところ
車がないと生活できない。
昔ながらの地域の道がせまい。慣れてないと脱輪か車にキズがつく。
仕事が少ない。
遊ぶところがイオンモールぐらい。
おしゃれな買い物は大阪でする。
おひとりさまに厳しい。
新しい道路や建築物をつくるため発掘調査をすると、土器木簡などが出て工事が進まない。
(京都奈良和歌山をつなぐ京奈和道路、大阪名古屋をつなぐリニアモーターカー駅は本当にできるのか)
南部の山間部は雨が降りやすく土砂崩れなどの災害が多い。
古代ロマンがロマンなわけがない。
・・・。
これ以上はやめておく・・・。

南部
吉野の吉野千本桜、天川の洞川温泉、十津川の十津川温泉といった豊かな自然がいっぱいです。
今回は超穴場スポットかも。

奈良県川上村
www.vill.kawakami.nara.jp

え、どこ・・・。
大台ケ原の手前にある、自然豊かな水源地。
近鉄もJRも走っていない、バスも本数が少ない秘境の入り口です。
信号は役場前にあるぐらいで、コンビニもない。
室町時代後醍醐天皇は、京都を脱出して吉野へ逃れて南朝を開きましたが、
後南朝の終焉した場所でもあるとか。

大滝ダム
吉野川の氾濫を抑えて貯水し、奈良県和歌山県へ。
最初から困難の連続で、
試験湛水の地すべり発生による地域移転もあり、
完成まで長い時間がかかりました。
www.kkr.mlit.go.jp

奥にあるオレンジ色の建物は、黒部ダム建設にも使われたケーブルクレーン。
近くで見ることもできて、ダムを一望できます。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191024101710j:plain

春は桜、夏はセミ、秋は紅葉、冬は雪と見どころがあります。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021162932j:plain

発電放流
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021162947j:plain

カスケードからの放水
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021163010j:plain

幾層に続く山の開けた谷に聞こえてくるのは、
トンビとセミとダムの音。
人工物と自然が融合されています。

蜻蛉の滝
大滝ダムからほど近い天然の滝です。
yamatoji.nara-kankou.or.jp

苔むす山に滝。
近くに公園も整備されており、気軽に階段をのぼるだけで行けます。
本格的な登山装備は不要ですが、
虫とか蛇がいて気温も低めなので、長袖長ズボンだと安心です。
夏は半袖でも大丈夫でしたが、少し寒かったです。
足元はすべりにくいスニーカーとか、ハイキング用の靴がおすすめです。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021163028j:plain

冬は滝が凍るとか。見てみたい。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021163045j:plain

春は桜がたくさん咲きます。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021163114j:plain

しだれ桜がお出迎えしてくれます。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021163131j:plain

夏になると水遊びができます。
吉野川とは違って、日陰もあり涼しいですよ。
天然の水はさらっとして冷たく、海水のようにべたべたしません。
もちろん火気厳禁。ゴミは持って帰ること。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021163148j:plain

もっと山奥に行くと大台ケ原です。
山装備で挑みましょう。雨具必須。
kinki.env.go.jp

吉野方面は信号がほぼなくて、
曲がりくねった道ばかりで夜は暗く、
運転に慣れていても危ないです。
携帯電話がつながりにくい場所もあるし、
警察消防が遠いからすぐに事故対応できないし、
とにかく安全運転で来てくださいね。
yamatoji.nara-kankou.or.jp

www.t-expo.jp