晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

大和は国のまほろば。十津川村の谷瀬の吊り橋。

奈良をひたすらアピールする1週間になりました。
本日は十津川村の谷瀬の吊り橋です。
1年ほど前に行きました。

日本一長い路線バス
大和八木から新宮までの日本一長い路線バスが出ていますので、
車の運転が苦手な方でも大丈夫です。
www.narakotsu.co.jp

山の道
五條市の市街地を抜けると、
店も信号もない峠道をひたすら南へ進みます。
狭すぎる道(国道)、
暗すぎるトンネル(国道)、
細かいハンドル操作が必要な道(国道)、
整備されすぎた広すぎる道(国道)、
整備されすぎた明るいトンネル(国道)を通って到着です。

谷瀬の吊り橋
通行料無料。駐車場500円。バスの休憩時間20分。
totsukawa.info

うわあ……怖い( ゚Д゚)
揺れと高さで足がすくみます。
ワイヤーにつかまってないと進めないけど、くもの巣に触ります。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021174201j:plain

怖れ(突然ですが心理学をお楽しみください)
ふと、何に対して怖れているのか考える。
歩くたびゆれる、下の景色が見える、木の立てつけ方がゆるい、手すりがない、
後戻りするなら今だけど、足がすくむ。
ゆれる。落ちたらどうしよう。
落ちたらどうしようって、まだ見ぬ未来を予測して怖れているのか。
これはアトラクションではなく、生活の道であること。
私がこういう地域で生まれていたら、この道を生活の道として利用しているだろう。
その環境に適した生き方をしている。
誰も落ちてないし、ワイヤーが支えている。
真実を見る。怖れを手放せ。観念を手放せ。
ワイヤーから手を離し、まっすぐ歩いて渡り切りました。
もちろん復路も。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021174216j:plain


平成23年紀伊半島豪雨災害

国道を通っている途中で、治山工事の現場を通りました。
テレビで観るだけの現場でしたが、
実際に土砂崩れがあり、治山工事が行われています。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021174250j:plain

大和は国のまほろ
遠くの山の稜線に囲まれた奈良盆地での生活と、
山が目の前にそびえ、わずかな平地を活用した生活。
どちらが暮らしやすいかと言えば、もちろん前者でしょう。
人口も調べるまでもないし。
利便性に優れた場所ではないが、人が暮らすことで山が保たれています。
来た道を引き返す。
だんだんと道が開けて、信号と交通量が増えてコンビニも店もある。
これで生活ができると、安心している自分がいる。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021174333j:plain

奈良県には海がないけど、豊かな水源地はある。
とざされた山の中でも、無限の広がりを得ることができる。
奈良県は良くも悪くも魅力的なのだろう。
まだまだ紹介したいところはありますが、
ここで一区切りです。
ネタを貯めてシリーズ化できればと思います。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191021174719j:plain

yamatoji.nara-kankou.or.jp

明日明後日開催。
www.t-expo.jp