晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

お題「もう一度行きたい場所」 年末年始に宮古島でのんびり過ごした話 んみゃーち編

お題「もう一度行きたい場所」
今回はお題スロットを回してみました。

ブログの右側(モバイルでは下)にあるプロフィールに
>今まで順風満帆じゃなかったけど、正社員として働いてました。
と書いていますが、
正社員のころに、年末年始に3泊4日で宮古島に行ったことがあります。
11月13日のブログにもちらっと書いてました。
もう一度行きたい場所です。

そのころは毎日忙しく働いて、
シュークリームを食べて休みの日はお酒を飲み、
あまり遠出もせず家でごろごろして体力回復、
毎月給与があってボーナスも出て、それなりに貯金もありました。
今は・・・。(あっ察し)

宮古島 んみゃーち(いらっしゃいませ)

ルート

1日目(イマココ)
出発→飛行機を乗り継ぐ→レンタカー借りる→ホテル

2日目
ホテル→来間島→与那覇前浜ビーチ→伊良部島→海中公園→雪塩製塩所→宮古馬→ホテル

3日目
ホテル→イムギャー→東平安名崎→与那覇前浜ビーチ→ホテル

4日目
ホテル→レンタカー返却→飛行機→帰宅

1日目

飛行機を乗り継ぐ

大阪から宮古島へは関西国際空港伊丹空港神戸空港から那覇空港宮古空港へ乗継便。
もしくは、関西国際空港から直行便があります。

早めに購入すると割引額も大きく、早めの予約がお得です。
年末年始などの人気の時期はあっという間に満席になり、キャンセル待ちになります。
今からでも予約間に合うのかな・・・。

出発時間に間に合うよう、
搭乗口には20分前(繁盛期は30分前)に到着できるようにしましょう。
国内線でも、最低でも1時間前には空港に到着するように。
国外線は2時間半以上の余裕をもって行きましょう。
搭乗券(二次元バーコード・ICカード)も忘れないように。
航空会社カウンターにて搭乗手続きと手荷物を預けて、
出発ロビーの保安検査場(セキュリティチェック)を通って、搭乗口へ。
保安検査場も長蛇の列で乗り遅れる、
ということもないように、ゆとりを持って行動してください。

最近、伊丹空港が改装されて、
保安検査場から搭乗口まで徒歩10分くらい離れている場所もあります。
歩いても歩いてもたどり着かない・・・。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191114191642j:plain

無事に搭乗して、いざ離陸。
あー耳が痛いー。
そんなときは、
飛行機用の耳栓を使う、つばを飲みこむ、あくびをする、飴をなめる、耳抜きをする。
さまざまな対処法があります。
www.jal.co.jp

那覇空港から宮古空港の乗継便は、搭乗口からバスに乗り換えでした。
順番にバスで移動して、飛行機に乗り込みます。
そして
\んみゃーち/(いらっしゃいませ)
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191115100142j:plain

宮古まもる君がお出迎えしてくれました。
おお・・・。

レンタカーを借りる

手荷物を受け取って、到着ロビーへ。
年末なのに暑くて、本当に宮古島に着いたんだーとしみじみしました・・・。
こんな景色があともう少しで会える・・・。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191111172143j:plain

レンタカー会社の方がボードをもって待っているので、
「予約をしている○○です」と声をかけます。
レンタカー会社のマイクロバスに乗ってレンタカー会社へ。
空港から田舎道を通って、10分くらいかかりました。
運転免許証を提示して、レクチャーを受けます。
免責保障のオプションが必要なら申し込みましょう。
知らない場所で、乗り慣れていない車での事故は怖いものです。
もしもの場合に安心があると助かります。
travel.rakuten.co.jp

カーナビをホテルに設定して移動開始です。
案内に沿って運転すると、信号が少なく運転しやすい道が続きます。
さとうきび畑が続いているところにホテルが見えてきました。
おしゃれなリゾートホテルです。
なんとか到着したのは良いものの、
レンタカーのバックドアの開け方が分からなかったり、
ケータイ落として画面の保護ガラスが割れたりと、
ふんだりけったりでした。
日没も遅く夜でも温暖な気候で、まるで外国に来た気持ちです。

明日につづく。予定。
miyako-guide.net
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191114191810j:plain