晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

お題「もう一度行きたい場所」 年末年始に宮古島でのんびり過ごした話 ぬちどぅたから編

お題「もう一度行きたい場所」
年末年始に3泊4日で宮古島に行ったことがあります。
もう一度行きたい場所です。
本日は2日目。
1日目。(タイトル等を追記編集しました)
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

宮古島 ぬちどぅたから(命こそ宝)

ルート

1日目(済)
出発→飛行機を乗り継ぐ→レンタカー借りる→ホテル

2日目(イマココ)
ホテル→来間島→与那覇前浜ビーチ→伊良部島→海中公園→雪塩製塩所→宮古馬→ホテル

3日目
ホテル→イムギャー→東平安名崎→与那覇前浜ビーチ→ホテル

4日目
ホテル→レンタカー返却→飛行機→帰宅

2日目 のんびりドライブ

宮古島の西から北方面をめぐります。

来間島(くりまじま)

ホテルからレンタカーで来間島を目指します。
海に囲まれた来間大橋を渡り到着しました。
住宅街や小学校があり道も狭めで、
あまり観光地化されていないようです。
来間大橋や高台にある竜宮城展望台からの眺めも最高でした。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191111172106j:plain

那覇前浜ビーチ(よなはまえはま)

来間大橋を戻り、来間島の対岸にあります。
さらさらとした真っ白な砂浜が約7kmも続き、
青く澄んだ海の色が青空に映えます。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191111172143j:plain

通り池

伊良部大橋で伊良部島へ渡り、さらに下地島に渡り、
駐車場から徒歩でガジュマルの森を抜けると到着です。
下地島の通り池」で国の天然記念物および名勝に指定されています。
陸側と海側で隣接する2つの池が地下でつながって、
さらに海側の池は洞穴を通して海にも通じています。
屈指のダイビングスポットらしいですよ。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191115100648j:plain

ここどこ・・・?

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191115110032j:plain

ちょっと記憶があいまいで場所分からない・・・。
スマホの写真で、通り池から海中公園の間に撮っていました。
島の駅で買ったお弁当をここで食べてたようです。
www.simanoeki.net
記憶では階段を下りるとありました。
観光客もほとんどおらず、ダイバーや釣り人がいました。のどかな場所。

海中公園

階段を降りるとそこは海の中でした。
光り輝く海に熱帯魚が楽しく泳いでいます。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191115110056j:plain
miyakojima-kaichukoen.com

雪塩製塩所

甘じょっぱいソフトクリームに雪塩をふりふり。
味が変わっておいしい。
www.yukisio.com

近くには風力発電所の風車が回っていました。
最高気温も20度を超え、年末年始とは思えないほど暑くて晴れた天気でした。
日焼け止めは必要です。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191115100758j:plain

違和感

ドライブをしていると、なぜか違和感のある景色が続いています。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191115110322j:plain

どうして違和感があるのか考えたら、
高い山もなく海が広がることで、地平線や水平線が低くなり、それで空も低く感じました。
暮らしている奈良県には海がなく、山に囲まれていることに気づきました。
思い出したのではなく、気づいたです。
奈良県の景色は、山の稜線がいくつも重なることが当然で、それが普遍です。
毎日見慣れすぎてて、分かりませんでした。
四方を山に囲まれてると圧迫される気持ちになるけど、
何もない平地も、無限の広がりがあって怖いと感じました。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191114191810j:plain

宮古

茶色の小さい馬がたくさん放牧されていました。
日本在来馬8馬種のひとつで沖縄県の天然記念物だそうです。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191117124228j:plain

昔はさとうきび畑で働いていたけど、今は数が少ないらしい。
観光資源に活用してほしいですね。乗馬とか、馬車で散歩とか。(水牛みたいな感じで)
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191111173552j:plain

miyako-guide.net

今からでも間に合うでしょうか?