晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

11月23日は、いい兄さんの日。 大河ドラマ「真田丸」真田信幸(信之)兄さんはいいぞ。

11月23日は「いい兄さんの日」だそうで、
大河ドラマでいい兄さんが登場するのは「真田丸」だと思います。
ということで、
真田信幸(信之)兄さんはいいぞ。

大河ドラマ真田丸

2016(平成28)年1月~12月放送。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191119171040j:plain

放送当時にJR大阪駅で、
真田昌幸役の草刈正雄さんと、
小山田茂誠役の高木渉さんのトークショーがあり、
その時の写真も一緒に載せています。
衣装とポスター展示も合わせてどうぞ。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191119170802j:plain

ストーリー

信州の小さな領主・真田家に生まれた信繁(幸村)は、
家族とともに戦国の世を必死にサバイバルしていく。
そして迎えた大坂の陣——、
知略と武勇を武器に抜群のリーダーシップを発揮、
胸のすくような活躍をした真田信繁(幸村)。
その波乱万丈の生涯を三谷幸喜のオリジナル脚本で描く。
(公式ページより)
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191118114720j:plain

真田昌幸(父上)

信幸と信繁の父。
武田、上杉、北条、織田にかこまれた信濃にある真田の小さな領地は、
いかに生き残るか、領主真田安房守昌幸のしたたかな戦略を・・・。
もとい。
実は、くじ引きでどちらに臣従するか決めたり、
ハッタリや食えぬ腹をさぐりあったりと、したたかに生き残ってきた。
国衆をだまし、長男をだまし、表と裏がころころ変わり、視聴者もだましてる。

昌幸が「富士山や浅間山が噴火しない限り、武田の家は安泰でございます」
と発言したら浅間山が噴火する。こういうことが何度かある。
主家を何度も変わりながら、戦いでの軍略やサバイバル戦略により真田を大きくしていった。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191119170938j:plain

真田信繁(源次郎)

本編の主人公。のちの真田幸村
上杉の元で暮らしたのち、昌幸が豊臣秀吉に臣従すると一緒に大坂城にあがる。
父と兄を慕い、田舎侍が大きな組織の中を走り回る。
こつこつと出世し、秀吉の晩年には、鈴の音で呼び出され傍にいるようになる。

秀吉が生きていたころの豊臣家は華やかだった。
秀吉の死後は華やかさは不協和音となり、徳川が勢力を伸ばす。
さまざまな因縁をぶつけあった末に、東軍の徳川と西軍の豊臣に分かれて関ヶ原の戦いとなった。

高野山近くの九度山でちっ居生活となり、昌幸は無念の死をとげてしまう。
田舎生活は14年も続き、信繁はたくさんの子供に恵まれ父になる。
信之からのそば粉やお金といった支援物資をたよりに、自給自足の生活を送っていた。

やがて
豊臣家に呼ばれ、秀吉の鈴に呼ばれ、兄が捨てた幸を拾いあげ、幸村と名乗り、大坂城に戻った。
大きな戦に出たことのない信繁は、父のハッタリと兄の度胸を武器に大坂冬の陣にいどむ。
大坂冬の陣では大坂城外に真田丸を作り、赤備えの軍をひきいて勝利、徳川との和睦につなげた。

受信料で城が建った。約400年目にして、ついに西軍が勝つんだ・・・。
という希望を持てたのに、つかの間。
歴史通りに真田丸は取り壊される。

望みを捨てぬ者だけに、道は開ける。
大坂夏の陣で追い込まれた信繁はやがて・・・。
滅びゆく豊臣と、300年続く平和の基礎を作った徳川。
滅びゆく者にも、道は開けるのだろうか。

信繁は地表で育つ大器晩成型かもしれませんね。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191119170926j:plain

真田信幸と真田信之(源三郎)

関ヶ原の戦いでどちらにつくか。
昌幸と信繁は豊臣につき、信幸は徳川につくことを決めた。
家族の願いは、真田家の存続。
また一緒に暮らすため。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191119171001j:plain

どんな手を使ってでも、父と弟を助ける。

関ヶ原の戦いのあと、信幸は昌幸らの助命を嘆願したところ、
父と弟との決別を表すために、名を信幸から信之に改名を余儀なくされる。
「読み方は同じだからな」
その表情はたんたんとしているが、悔しさでにじんでいた。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191016101209j:plain

家臣に矢沢三十郎と小山田茂誠をしたがえ、信濃上田を統治し藩主となる。
大坂夏の陣以降は、信濃松代藩に移封され真田家を守り続けた。

信繁に比べると派手な活躍もなく、不遇な信之。
父にふりまわされ、周りにふりまわされ、長男としてがんばるも認められない・・・。

江戸時代の新時代に必要な武士とは、軍略やサバイバル戦術ではなく、統治ができる才能である。
住みやすい土地に改良し、民が安心して暮らせるようにする。
危機がせまれば、惜しげもなく物資をいきわたらせる。
そういう生き方が求められる。
信之は長く土の中で育つ大器晩成型なのでしょうね。

正室はあの本多忠勝の娘:稲。信幸の正室から稲の侍女になったこう。
病弱だったこうは体力がついて元気になり、稲とも理解しあう仲になる。
稲とこう。お互いの欠点を補いあえる、ふたりでひとりの妻のようでもある。
でも物理的にはふたり。
ふたりの妻にはさまれ、頭が上がらない。いい夫婦。

右端に義父上が・・・。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191122215343j:plain

史実では、91歳でやっと隠居が許され、93歳で亡くなる。
たくさんの民に愛され、長く生きすぎるほど生きた信之。
家族の願いは、兄によって成しとげられる。
望みを捨てぬ者だけに、道は開ける。
一人では成しとげられない、何世代にもわたり道を開ける。
家族思いの、いい兄さん・・・。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191118114651j:plain

石田三成

今までなら、悪役として扱われることも多かった石田三成が有能。
秀吉の子鶴松のために水垢離をし、なにかあると水垢離。ええ身体を見せつける。
「バカと話すと疲れる」という名言(迷言)もあり、人間関係に苦労することも。
大河ドラマの主役になるときは来るのでしょうか。

徳川家康

石田三成は目の前のことでいっぱいだったが、
徳川家康は長い目で物事をとらえ、何十年も先のことを考えていました。
関ヶ原のころからそうだけど、大坂夏の陣での鮮やかさは、西軍勝てるかもという期待を見事に裏切る。
神君伊賀越えはぼろぼろ。この家康はかわいい。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191122215229j:plain

5点が満点です。
兄上どうでしょう   ★★★★☆ 4
ついに西軍が勝つかも ★★★★★ 5

トークショー

とにかくすごい人だかりの中、なんとか1枚撮れました。
草刈正雄さんは過去に真田幸村を演じたことがあり、父昌幸を演じることがうれしい。
高木渉さんは声優と役者の発声の違いに苦慮している。
などなど。にぎやかなトークショーでした。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191119171059j:plain


完全版

大河ドラマ 真田丸 完全版 ブルーレイ全4巻セット
by カエレバ
総集編
大河ドラマ 真田丸 総集編 DVD 全2枚セット
by カエレバ
絶賛配信停止中ww