晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

いつ、どこで、間違えた。 大河ドラマ「いだてん」 第44話 ぼくたちの失敗

月曜日は大河ドラマいだてんの感想を、アレしてナニしてます。

第44話 ぼくたちの失敗

ストーリー

1962年アジア大会
開催国インドネシアが台湾とイスラエルの参加を拒んだことが国際問題に発展。
ボイコットする国も出る中、田畑(阿部サダヲ)率いる日本選手団は参加を強行、
帰国後に猛烈なバッシングを浴びる。
川島(浅野忠信)は田畑の事務総長解任に動く。
脳出血で半身まひを患った志ん生ビートたけし)は高座復帰を目指しリハビリに励む。
五りん(神木隆之介)との落語二人会を企画し、それを目標とするのだが──。
(公式ページより)
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191125094729j:plain

感想

「まーちゃんは意外と嫌われているんです」
「でしょうね」
まーちゃんの妻菊枝にそう言われるぐらい、誰もが分かっていた。
まーちゃんには敵が多い。

アジア大会に出場したことにより、組織委員会に批判が集まる。
川島は自分の行動をジャカルタとの友好関係構築に変化させ、
世論の批判をまーちゃんに集中させることに成功する。
まーちゃんが失言、翌日訂正と、現在の政治家と同じような状態になる。
IOCジャカルタのみの責任と決着したが、参考人招致される。

いつ、どこで、間違えた。

いつ、いつ、・・・あ。
アムステルダム大会を目前に、選手派遣の資金が足りなかった。
まーちゃんが一番最初に高橋是清に直談判をして、多額の資金援助を得たとき。
そのときに、「金も口も出したらどうですか、先生方もスポーツを政治に利用すればいい」と言った。
まーちゃんに「スポーツと政治は別物」という意識が少なかったころだった。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191125110348j:plain

まーちゃんは衆議院議員選挙にも出たが落選。
スポーツ医学の医師だった東龍太郎東京都知事に押し上げた。
まーちゃんも政治を利用したが、
俺のオリンピックが都合よく自分の思うがままに動かすためだった。
だが政治を甘く見ていた。
ずる賢くて、強い後ろ盾を持っている者が勝つ。

俺のオリンピック

競技場、選手村、聖火リレー、高速道路、歌、音頭、番組、
すべてはオリンピックを盛り上げて楽しむため。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191125110420j:plain

1962年10月2日、事務総長を解任される。
悔しい、俺のオリンピックは、しんだ。

会見がテレビで放送されるが、
視聴者はまーちゃんがやってきたことを知らない。
ただの「いいかい」を連発する泣くおっさんにすぎない。
おもしろいおっさんだと無責任に笑う視聴者は、
いだてんの視聴者が、政治の会見番組を見たときと同じだ。

落語「替り目」

三途の川からよみがえる志ん生
失そうする五りん。
飲んだくれるまーちゃん。
生きるのが不器用。
愛情表現も不器用。
それでも妻への愛情をこぼす。
まだ行ってなかった菊枝。
そしてまーちゃんを慕う者たち。
オリンピックの顔と顔と顔と顔と顔。
失脚してもオリンピックの顔はまーちゃん。

第27話「替り目」で
まーちゃんはひとりになったとき、
金栗四三オリンピックへの気持ちをこぼす。
まだ帰ってなかった金栗四三
また同じことがあるとはw

いだてん紀行

本編終了後の史実の解説をする紀行は、
田畑政治さんの実の息子さんが登場して解任の顛末をお話しされました。
ここでもボコボコにしなくても・・・。まーちゃんふびん。
本当に「いいかい」言ってて「俺のオリンピック(競技場選手村のミニチュア)」を持ってたとは。
事実は小説より奇なり。肋木先生は肋木で、岩ちんはイケメンでしたね。

今週の極論タイム

まーちゃんの解任でかすみましたが、
伊藤博文が転生すると三波春夫になる衝撃の展開。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191125110459j:plain

伊藤博文は「西郷どん」からのつづきという。
浜野謙太さんの一人二役。こんなこともあるんですねw
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191125110438j:plain

西郷どん」は薄い本作るほど推してた人(徳川慶喜)に裏切られ、推しをころす話です。
(間違ってるけどだいたい合ってる)