晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

初めてでも簡単。ゆず茶とゆず大根の作り方。

兼業農家の親戚から、
キャベツや大根といった野菜や、大量のゆずをいただきました。
今年は特に豊作だそうです。
ゆずはスーパーのレジ袋にぎっしり入っていて、
2キロ以上もありました。
ということで、
ゆず茶とゆず大根をつくることになりました。

目次

ゆず茶

用意するもの

ゆず2キロ
氷砂糖2キロ
大きいビンやタッパー(ふたができる入れ物)

作り方

1.ゆずは洗って、へたをとり黄色い皮をむいて実と分ける。
2.皮を千切りにする。
3.実をざく切りにして、中の種をとりだして割く。
  この時に白い部分をとると苦くならない。細かく切ると水分が多く出るので注意です。
4.2と3の皮と実を軽く混ぜ合わせる。
5.ふたができる入れ物を煮沸消毒し、水分をふき取る。
6.4のゆずを3分の1入れ、その上にに氷砂糖を3分の1入れる。
  下からゆず、氷砂糖、ゆず、氷砂糖と交互にくりかえす。
7.ビンにふたをして、冷蔵庫または保冷庫に入れる。
  今回は日の当たらなくて寒い北側の廊下で、段ボールの中に置きました。
8.1日ごとにふたを開けずに中身を軽く振る。
9.氷がすべて溶ける1週間くらいで、できあがり~

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191216180711j:plain

煮沸消毒

カビが発生しないようにするためです。
使う道具類は、必ず熱湯をかけて消毒してください。
小さいビンの場合は、ビンが入る大きさの鍋に水とビンとふたを入れて、火をかけ沸騰させます。
大きいビンの場合は、ビンに熱湯を少し入れて容器を振って全体に行き渡るようにビンを回して消毒し、中に残った湯は捨てます。
ガラスビンはいきなり熱湯を入れると割れることがあり、最初にぬるま湯でよく温めてから熱湯を入れます。
完全に乾かしてから使用してください。

完成までの様子

1日目
ビンに入りきらなかったのでタッパーにも入れました。
もらいものの梅酒のビンだと思います。たぶん。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191216180739j:plain

4日目
氷砂糖が溶けて、タッパーの分は大きいビンに移し替えました。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191216180754j:plain

8日目
完成しました。
近所の人に配るため、必要な分を小分け用のビン(煮沸消毒すること)に移し替えです。
移し替える時に使うスプーンやお玉も煮沸消毒が必要です。
小さいビンは以前購入したジャムのビンを再利用してます。

お湯に入れて試飲。
おお・・・苦味と甘みが一緒にきます。
皮とざく切りの実も食べられますよ。
白い部分をとらなかったのでやや苦い・・・。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191217100108j:plain

ゆず大根

用意するもの

大根 1キロ
塩  30グラム
砂糖 200グラム
酢  50cc
ゆず 1個
昆布 適量
ジップロックなどの封ができるフリーザーバッグ、もしくはタッパー

作り方

1.大根は皮をむいて拍子切りか、薄いいちょう切りにする。
2.ゆずは皮を千切りにして、汁をしぼる。
3.ジップロックなど封ができる袋やタッパーに、1と2とすべての材料を入れる。
4.冷蔵庫に入れて数日で、できあがり~

甘さやすっぱさ、好みの味で調整をしてください。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191217101200j:plain

大根

大根は水分が多く繊維が少ない、
冬の季節のものがおすすめです。
大根の使う部分は真ん中です。
cookpad.com

気をつけて

長く漬けると味が薄くなり残念なことになるので、
長くても1か月で食べきるようにしましょう。
常備食のひとつとして冬を乗り越えましょう。