晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

パンダの写真撮るの下手くそ選手権。南紀白浜アドベンチャーワールド。

昨日、
南紀白浜アドベンチャーワールドを紹介しましたが、
そのつづきです。
とても広い場所にたくさんの動物たちが暮らしています。

南紀白浜アドベンチャーワールドへ、
パンダに会いに行きませんか。
目次

南紀白浜アドベンチャーワールド

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226101651j:plain

www.aws-s.com

場所

住所:〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地

自動車:松原ジャンクションより阪和自動車道経由:約2時間
バス:大阪よりなんば(OCAT)または大阪駅JR高速BT:約3時間30分
電車:大阪(JR天王寺駅)より紀勢本線特急:約2時間
飛行機:羽田空港から南紀白浜空港へ1日3便:約1時間20分
shirahama-airport.jp

特急くろしおに置いてある津波避難案内もパンダ。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226101707j:plain

パンダくろしお
乗ると幸せになれるかもしれない。(勝手に言ってます)
www.jr-odekake.net

営業時間

営業時間:10:00~17:00
※繁忙期は、営業時間を変更する場合があります。

12月21日から1月5日まで
スペシャルイベント「ウィンターナイト」(16:30~19:30)
※17:00以降パークはエリアを限定し無料開放いたします。

料金

通常料金
大人(18歳以上) 4,500円
セニア(65歳以上) 4,000円
中人(12~17歳) 3,500円
小人(4~11歳) 2,500円
その他にも割引チケットや年間パスポートもあります。
(詳しくは公式サイトをチェックしてください)

みどころ

フラミンゴがいっぱい
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226112802j:plain

熱帯の鳥もたくさん
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226112824j:plain

きれいな鳥もいる
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191227094407j:plain

何かいる
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226112928j:plain

何かいる
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191227094231j:plain

いたー
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191227094250j:plain

陸地のペンギン
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226113027j:plain

乗馬体験もできますよ
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226113048j:plain

さっそうと登場
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226113106j:plain

おまたせしました!パンダ

2019年12月現在で6頭のパンダが暮らしています。日本最多。
パパパンダの永明(えいめい)
あれ・・・?
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226111531j:plain

笹にうもれてる・・・?
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226111542j:plain

これは屋外にいたから日向ぼっこしたかったんだよ。
屋内にいるパンダはたくさん動いてくれるはず。
という期待をもって移動しましたが・・・。


双子パンダの桜浜(おうひん) たぶん。
眠たいよー。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226111552j:plain

双子パンダの桃浜(とうひん) たぶん。
もうだめー。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226111349j:plain

パンダの写真撮るの下手くそ選手権があったら上位に入りそう・・・。
なかなか出さなかったのは、写真がイマイチだったためです。

2018年8月にうまれた彩浜(さいひん)の公開が始まったころでした。
ママパンダの良浜(らうひん)と一緒にいるけど、
時間が合わなくて見れませんでした。

おみやげはパンダのぬいぐるみがおすすめ。
いっぱい売ってますよー。

白浜観光

白浜には風光明媚な場所もあります。
www.nanki-shirahama.com

三段壁

太平洋を眺めながら足湯が楽しめました。
洞窟もあり、足をのばせば千畳敷にも。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226111252j:plain

白良浜

関西のビーチといえばここ。
夏になると人ばかりで分かりにくいけど、
白い砂浜が広がります。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191226111308j:plain

おみやげ

白浜でおみやげといえば、パンダのぬいぐるみと、
とれとれ市場です。
おいしい梅干し、みかんを購入しました。
toretore.com

白浜といえば、かげろう
柚もなかやないかい。
fukubishi.co.jp

日帰りで行って、かなり強行でした。
朝6時に出て、帰宅したの夜10時過ぎだったと思います。
白浜温泉が湧き、旅館やホテルも充実してて泊りの旅行に最適ですよ。