晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

1995年1月17日 午前5時46分 阪神淡路大震災から25年たちました。

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

1995年1月17日 午前5時46分
あなたはどこで何をしていましたか。
阪神淡路大震災から25年たちました。
今日という日は、早く起きてテレビをつける。


25年の月日

1995年1月17日

真っ暗な朝に、激震が走りました。
あの日、私は学生でした。
奈良県も大きく揺れて、揺れで目が覚めました。
家での被害は少なく、タイ土産の人形が落ちている程度でした。
学校では校舎の窓が数枚割れていました。
その程度ですみました。

神戸の親族が大変だということで、大人たちは神戸に向かい、
交通が止まって水も食料もなく、大変な思いをして帰ってきたことを覚えています。

学生のころは、神戸は大阪よりさらに遠い都会でした。
大人になり行動範囲が広がり、神戸に行くことも増えました。

昨年2019年1月17日に東遊園地に行きましたので、その様子を記録します。

2019年1月17日

神戸に緊急速報(訓練)が届きました。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200116105700p:plain

三宮駅から海側。
神戸市役所のある東遊園地へ。

報道陣がたくさんいて、
中継車やレポーターが準備や取材をしていました。

地元の幼稚園児たちが竹灯籠を眺めていく。
「あ、きえてる」「こげてる」
やがて震災を知らない子が親になり、
震災を知らない子が増えていく。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200116110058j:plain


それぞれに死を乗り越えて
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200116105815j:plain

それぞれに困難を乗り越えて
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200116105827j:plain

それぞれの今がある。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200116105844j:plain

記憶は記録となる。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200116105856j:plain

記録は未来に警鐘できるだろうか。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200116105910j:plain

南海トラフ地震に備えられるだろうか。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200116110042j:plain

・・・。

乗り越えられる。そんな希望があった。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200116105936j:plain

そして

そうそう、この方もこの日に生まれましたね。
照強
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191121221931j:plain

あの日あの場所で生まれた。
おめでとうございます。
www.nikkansports.com


www.asahi.com