晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

湯がわかせるほどの手紙 「連続テレビ小説スカーレット」 第18週『炎を信じて』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は朝ドラでお楽しみください。
朝ドラはなかなか見れなくて、
土曜日の一週間一挙放送でなんとか追いつく感じです。


(目次)

第18週 炎を信じて

2月3日(月)~2月8日(土)放送
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200208150136j:plain

ストーリー

八郎(松下洸平)との別居が続く喜美子(戸田恵梨香)は、借金をしてまで穴窯を続けている。
工夫しながら何度も窯だきするうち、試作品に少しずつ色がつき始める。
マツ(富田靖子)からの手紙を受け取った草間(佐藤隆太)が信楽へ。
草間との再会で喜美子の決意は一層強くなる。
百合子(福田麻由子)とようやく結婚写真を撮影した信作(林遣都)から、
喜美子がこれまでにないほど長い期間、窯をたくと聞いた八郎は心配して猛反対する。
しかし、喜美子は押し切り、家族総出で7回目の窯だきを始める。
そしてついに理想の色の焼き物が。陶芸家・川原喜美子の誕生だ。
7年後、喜美子は陶芸家としての名声を手に入れていた。
高校2年生になった息子の武志(伊藤健太郎)は陶芸に興味があるものの、
成功と引き換えに大事な人を失った喜美子の人生を目の当たりにし、進路に悩んでいた。
そんな武志の背中を押したのは5年前に喜美子と離婚した父・八郎だった。
そして武志は無事、八郎の母校である京都の美術大学に合格する。

(公式サイトより)

www.youtube.com

感想

八郎が出て行き、1人で穴窯での陶芸に没頭する喜美子。
何度も実験と研究をくりかえし、
信楽の土と炎にこだわり、
危険を承知のうえで、
ついに理想の陶芸作品ができた。
たったひとりで成し遂げた。

「すごいな すごいな すごいな 喜美子」
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200208150155j:plain

陶芸家になる。

八郎は喜美子と結婚するときに「陶芸家になる」と宣言した。
喜美子は「陶芸家になる」と宣言したが、やがて八郎との離婚につながった。

なぜ2人はすれ違ってしまったのだろう。
生活を大切にする八郎。実力の限界を知った八郎。
陶芸を大切にする喜美子。実力が無限にあふれる喜美子。
お互いを見ているのに、お互いを愛しているのに、お互いを無条件に信じなかった。
喜美子と穴窯を信じなかった八郎は、姿を消した。

信作、おじさんになる。

八郎は武志が中学に進学した5年前に離婚する。
各地を転々とし、今は名古屋で陶芸の仕事をしている。

八郎から武志あての手紙は、信作を経由して渡される。
湯をわかせるほどのたくさんの手紙の最後には「いつか会いたい」と書いてある。

橋渡しする信作は明るく振るまい、父親の代わりをつとめる。
八郎は信作を信じたのだ。

小学生から高校生、大学生になる。

武志が成長し小学生から高校生になった。
5年ぶりに父親八郎に会い、進路を決めた。
そして大学に合格し、いよいよ春から大学生。
父親と一緒に暮らせなくても、父親がいる。

すれ違いの果てに別れてしまった喜美子と八郎。
その間を取り持つ子供の武志。
父と母と同じ道に進む決心はゆるぎない。

賑やかだった川原家は、住む人が少しずつ減っていく。
やがて、喜美子は本当にひとりぼっちになってしまいそうで・・・。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200208150213j:plain