晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

( >д<)、;'.・へっくし 「連続テレビ小説スカーレット」 第19週『春は出会いの季節』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は朝ドラでお楽しみください。
朝ドラはなかなか見れなくて、
土曜日の一週間一挙放送でなんとか追いつく感じです。


(目次)

第19週 春は出会いの季節

2月10日(月)~2月15日(土)放送
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200215135303j:plain

ストーリー

京都の美大に合格した武志(伊藤健太郎)を送り出した後、
喜美子は毎月欠かさず養育費を送ってくれた八郎(松下洸平)にお礼の電話をするが、留守番電話だった。
母娘4人がそろったある夜、マツ(富田靖子)は縁側で“幸せな死に方”について語る。
そして数か月後、マツは自身が望んだ通りの穏やかな死を迎える。
マツが亡くなり3年半。武志の卒業を間近に八郎が信楽を訪れ、喜美子と十数年ぶりに会う。
あらたまった雰囲気で武志のことを話し合ったふたり。互いにお礼を伝え、八郎は去る。
信楽に戻った武志は、大学の恩師を追いかけて窯業研究所に入ると報告。
穴窯を継ぐことはできないと謝る武志は自立のため1人暮らしを始める。
またひとりになった喜美子の前に、喜美子の作品のファンだという女性・小池アンリ(烏丸せつこ)が現れる。
元女優で天真らんまんな雰囲気のアンリ。指で触れて作品の“音楽”を聴くというアンリのユニークな鑑賞方法に喜美子は驚く。
そしてふたりの間には次第に友情めいたものが芽生える。

(公式サイトより)

https://www.youtube.com/watch?v=3LfE1vVvMp0

感想

父、八郎、百合子、武志、そして母。
それぞれの別れを通して、手狭な家が広すぎる家になってしまいました。
ひとりで暮らして陶芸に打ち込む生活にも慣れし、
自由になったのに、自由が感じられないのはどうしてでしょうか。

女性陶芸家

ちやこさんが市議会議員に当選し、喜美子も政治に興味を持つ。
さまざまな世界を知ることが必要ですがが、
田舎の半径10メートルの暮らしは単調なものになりがちです。

喜美子が夢で見た高校での生活は、
茶店サニーで照子と信作と3人で勉強する姿でした。
高校で勉強する姿が思い描けなかった。(予算の都合もあるけど)
武志は大学構内の話をしたのに・・・。

元スキャンダル女優の小池アンリが作品を購入したいとやってくる。
高値でもお金をぽんと簡単に出してしまう。
喜美子は、ストッキングの内職から高額な陶芸作品へ、
お金を稼ぐ手段や金額は変わっても何も変わっていない。
住む世界が違う二人が出会い、新しい友情が始まる。

十代田八郎

武志が大学入学が決まってお礼の電話をかけようとするが、
留守番電話の女の声に驚いたり嫉妬したりする。
喜美子は動揺してくしゃみをしてあわてて電話を切ってしまいます。
( >д<)、;'.・へっくし

八郎は武志の大学卒業を前に信楽に帰ってきます。
喜美子と八郎はお互いによそよそしくて距離が・・・。
「川原八郎」はそこで暮らしていたのに、
「川原八郎」はもういない。
お互いに別々の道を過ごした年月は重く、
元に戻ることもなく、追いかけることもなく、終わりました。

4年前の留守番電話のことを話すあたり、
八郎さんも未練がありそうですね。
( >д<)、;'.・へっくし