晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

この者、青き衣をまといて金色の野に降り立つべし「風の谷のナウシカ」

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

日曜日は映画のひとときです。
本日紹介する映画は・・・。

風の谷のナウシカ」です。

この者、青き衣をまといて金色の野に降り立つべし(目次)

風の谷のナウシカ

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200215173300j:plain

www.ghibli.jp

ストーリー

舞台は「火の7日間」といわれる最終戦争で現代文明が滅び去った1000年後の地球。
風の谷に暮らすナウシカは、「風の谷」に暮らしながら、人々が忌み嫌う巨大な蟲・王蟲(オーム)とも心を通わせ、
有害な瘴気覆われ巨大な蟲たちの住む森「腐海」の謎を解き明かそうとしていた。
そんなある日、「風の谷」に巨大な輸送機が墜落、ほどなく西方のトルメキア王国の軍隊が侵攻してくる。
墜落した輸送機の積荷は、「火の7日間」で世界を焼き尽くしたという最終兵器「巨神兵」であった。
そして、少女ナウシカの愛が奇跡を呼ぶ・・・。

キャスト

ナウシカ: 島本須美
ユパ・ミラルダ: 納谷悟朗
アスベル: 松田洋治
クシャナ: 榊原良子

スタッフ

原作・脚本・監督::宮崎駿
プロデューサー:高畑勲
作画監督小松原一男
美術監督中村光毅
音楽:久石譲

1984年(昭和59年)3月11日/116分
配給:東宝

感想

「この者、青き衣をまといて金色の野に降り立つべし・・・」
この伝説はどこから生まれたのだろう。
高度な文明は衰退し、腐海の毒で人々は減少の一途をたどる。
なのに人々は権力や軍事力で支配しあい、戦争ばかりしている。
この閉塞感の中で、希望を求めた人々がつくり出した寓話かもしれない。

ナウシカは身体能力に優れ、腐海遊びをするほど好奇心旺盛で、
少女の天真爛漫さを持ち合わせた「大人」である。
的確なリーダーシップで城おじに指示し、メーヴェの操縦もこなす。
しかし、怒りをコントロールできず兵士を殺した弱さもある。
ナウシカは完璧な人間ではない。

伝説

辺境の地の族長の娘にすぎないナウシカは、
トルメキア王国の最高指揮官のクシャナと対等に接している。
人の上に立つ人の度量は国の大きさで決まらない。

ナウシカ王蟲(オーム)に心を通わせ、怒りを鎮める。
優しさからの勇気ある行動は、どんなに困難なことも乗り越えていく。
身を挺した願いは奇跡を呼び起こし、伝説と同じ姿となる。
この奇跡は大きな広がりとなり、伝説となっていく。

クシャナナウシカを認め、
風の谷から撤退し二度と攻撃することはないだろう。
立場は違えども心が通じ合う人がいれば、
この苦境も乗り越えられるかもしれない・・・。

好きなセリフ

シリウスに向かって飛べ!」
王蟲(オーム)の大軍がせまる中で的確な判断をするシーン。
シリウスが風の谷からどの方向にあるか分かります。

「ごめんね・・・許してなんて言えないよね・・・」
小さい王蟲が体液を流して苦しんでいるときのシーン。
慈愛の精神があふれてます。

「しょせん血塗られた道だ」
王蟲を迎撃するため、軍の準備を始めるクシャナのセリフ。
クシャナは冷徹なようで部下思いだったり、
風の谷の民の声に耳をかたむけたりして、人間の血が通っています。
人の上に立つ者は人を導く宿命があります。
それがどんな結末だとしても・・・。

テレビで何度も放送されてる

テレビの「金曜ロードショー」で何年かに一度放送されてます。
そのたびに必ずと言っていいほど観てます。

子供のころに、
ナウシカのような大人になりたいと思ってたのに、
現実はそうはなりませんでした。残念ながら。

でもテレビでしか観たことないから、映画館で観たいです。
今のアニメはテレビ放送でもハイクオリティで、映像の違いは比べたくないです。
それでもナウシカの世界観は色あせることないです。

5点が満点です。
★★★★★ 5

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200215173324j:plain

原作

数年前についに購入しました。
映画と世界観が違うところが多くあり、救いようのない戦争の世界です。
ナウシカよりもクシャナがヒロインです。
映像化は無理かなあと思ってたら、まさかの歌舞伎化されました。

歌舞伎

原作7巻を新橋演舞場で、昼の部、夜の部通しの新作歌舞伎として、
2019年12月6日~25日まで上演されました。
歌舞伎を映像にしたディレイビューイングが開催されています。
前編・後編 各1週間限定上映
前編 2020年2月14日(金)~2月20日(木)
後編 2020年2月28日(金)~3月5日(木)
※一部映画館では上映期間が異なります
www.kabuki-bito.jp

l-tike.com

上映時間が前後編あわせて約6時間。DVD化してほしい・・・。