晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

十代田課長(仮)の有給休暇 「連続テレビ小説スカーレット」 第20週『もういちど家族に』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は朝ドラでお楽しみください。
朝ドラはなかなか見れなくて、
土曜日の一週間一挙放送でなんとか追いつく感じです。


(目次)

第20週 もういちど家族に

2月17日(月)~2月22日(土)放送

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200222121336j:plain

ストーリー

喜美子(戸田恵梨香)はアンリ(烏丸せつこ)とワインを飲み明かし、酔った勢いで一緒に暮らすことに。
喜美子は酔った自分が八郎(松下洸平)の名を呼びながら泣いていたと聞き驚く。
照子(大島優子)がすき焼きをしようと肉を持ってやってくる。
さらに誘われた信作(林遣都)が八郎を連れて現れる。
喜美子と八郎の間には微妙な空気が漂うが、アンリのこれまでの人生の話に皆引き込まれていく。
武志(伊藤健太郎)は両親が共に食事をしたと聞き大喜び。
喜美子は武志の気持ちを察してやれなかったことを詫びる。
再び川原家にやってきた八郎に武志は陶芸のこと、離婚のことを矢継ぎ早に質問する。
そして喜美子は、武志や周りに気を遣わせないためにもわだかまりを捨て、新しい関係を築こうと八郎に提案する。
後日、アンリに頼まれていた花瓶が完成。
パリ行きを誘われていた喜美子は信楽に残り陶芸を続けることを選ぶ。
アンリは「人を思うことで自分の人生も豊かになる」ということばを残し笑顔で去って行った。

(公式サイトより)

感想

喜美子は小池アンリと同居して、ワインを二日酔いするほど飲んで、
今までの暮らしで、したことなかったことが次々と起きます。

その中で信楽に来た八郎と再会し、
喜美子はサバサバとわだかまりを解消しようと、解消しようと、解消しようと・・・。
でも、サバサバと割り切った関係になるには、
時間が経ちすぎて、想いが強すぎました。

八郎さんは今でも喜美子のことが好きで、
離れたことが悲しくて、どうすることもできなくて、できなくて。

知らない間に離婚されたことがショックで、
それを隠そうと必死でがんばってきた武志。
両親がそろう姿があって、陶芸の話をして、普段の話をして、
望んでいた時間ができたことが、うれしくて、うれしくて。

穴窯の女性陶芸家

穴窯の教えを乞うため、元弟子(すぐに出て行ったけど)が再び来訪します。
喜美子は知らないうちに教える立場になっていました。

陶芸を辞めた八郎は新人賞の作品を割ろうとしますが、武志が外に持っていきます。
武志も八郎に似て運動音痴ぎみだから、かっこよくはいかなかったが割れました。
穴窯の隣で八郎が新しい一歩を踏み出しました。

はるかな高みに行ってしまった喜美子と、
新しい一歩を踏み出す八郎と、
自分の陶芸を模索する武志。
陶芸家一家の親子はそれぞれの道に突き進む。

おもしろおじさん信作

八郎のことが好きすぎて、犬のようにじゃれついたり、
子供に「はちさく」と名付けようとしたり、
八郎の作品を供養したり。

重苦しい雰囲気を打開するのは信作の明るさです。
来週はスピンオフですね。
信作と13人の女をぜひ・・・。

住田さん

以前のブログで、田中美央さんを期待してますと書いてましたが、
喜美子のマネージャーとして登場しました。
ゴシップ好きでミーハーなおじさんで、
八郎や信作とは違う楽しさを提供してくれてます。
田中美央さんの活躍がうれしいです。
願わくば「麒麟がくる」にも来てほしいですw

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200222121406j:plain

tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com