晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

大切にしていたものが失われ、それでも生活は続く 「この世界の片隅に」

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

日曜日は映画のひとときです。
本日紹介する映画は・・・。
この世界の片隅に」です。

(目次)

この世界の片隅に

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200229121551j:plain

www.youtube.com

ストーリー

昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、
戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。
しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、
すずの身近なものも次々と失われていく。
それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが……。

konosekai.jp

キャスト

北條(浦野)すず:のん
北條周作:細谷佳正
水原哲:小野大輔
白木リン:岩井七世

スタッフ

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代

2016年製作/126分/日本
配給:東京テアトル

感想

アニメ。
18歳のすずさんは突然結婚が決まり、
相手は妹の間違いではと疑問になるほど、
おっとりとした愛らしい女性です。
広島から呉へ。
すずさんは思い出を絵にたくさん残します。

夫と、その両親との暮らしはつつましく、穏やかです。
夫の姉とその子供が同居するようになり、
気の強い姉との関係は、なかなかうまく築くことができません。

呉の坂道のぼると、嫁ぎ先の北条家がありました。
中心部から離れた場所で
日本軍の海軍拠点である呉の港がよく見えて戦艦も行きかいます。
スケッチしていると、憲兵スパイ疑惑をかけられます。
すずさんに、そんなことができるはずもなく、
後から家族に笑われてしまいました。

地域の人たちと協力したり、花街に迷ってしまったり、
少ない配給でやりくりして食事を作ったり、
戦時中の生活が息づかいが感じられます。

しかし・・・。
やがて戦争が激化すると、
呉は標的になり、
何度も昼夜問わず空襲にみまわれます。
実際に空襲があるときもあれば警報だけの場合もあり、
肉体的にも精神的にも追い詰められていきます。
それでも生活は続いていくのでした。

戦争の波にのまれ心が鋭くなり、
戦争が人や生活を変える残酷さを、
丹念に描かれています。

そうして、
終わりのない戦いは終わりました。

祖母の時代

私の祖母には弟がいましたが戦死し、
遺骨も戻ってきませんでした。
祖母は毎日のように飛び交う戦闘機を、
竹やりで落とそうとしたこともあったそうです。

すずさんと同じ時代を、
別の場所で暮らしている人がいるということ。
その子、孫へと時代は受け継がれています。

架空の話ではなく、
過去に実際にあったであろう人々の暮らしです。

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

新しいシーンを追加したロングバージョン。
まだ観ることができていません。
ikutsumono-katasumini.jp

www.youtube.com