晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

「お水取り」が終われば奈良に春がくる。

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

「お水取り」が終われば奈良に春がくる。

(目次)

お水取り

奈良に春がくる。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200304192833j:plain

www.todaiji.or.jp

修二会

「お水取り」「お松明」という名で親しまれ、春の訪れを告げる行事として知られる。
3月12日の夜、本尊に供える香水を汲み上げる行事があることから「お水取り」の名がある。
また、「お松明」の名は、練行衆が二月堂に上堂する際、足元を照らす大松明で先導されることに由来。
二月堂の本尊、十一面観音菩薩の宝前において行う悔過法要として、
天平勝宝4(752)年にはじめられ、現在まで途切れることなく続けられている。
期間中、19時の大鐘を合図に「お松明」に点火(但し、12日は19時半、14日は18時半)。
夜半遅くまで、世界平和と人々の幸せを祈る行が行われます。
二月堂南側の受納所というところで御祈願を申し込んでおくと(1件2,000円 年末から受付)
この法要で祈願されたお札を送ってもらうことができる。

yamatoji.nara-kankou.or.jp

場所

東大寺二月堂

東大寺から若草山方面の坂道を上り、
徒歩5分くらい離れています。
夜間は真っ暗ですので、鹿と変質者に気をつけてください。

単体の場合
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20191018201052j:plain

集団の場合
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200304193103j:plain

お松明の時間

1日~11日・13日 19:00~
12日 19:30~ (大きい籠松明があがる)
14日 18:30~
毎日10本(※12日は11本)
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200304193143j:plain

二月堂

回廊の天井にはすすがついてます。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200304193004j:plain

この階段を火のついたたいまつを持って上ります。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200304192949j:plain

お堂の廊下からは奈良市内や生駒山が見渡せます。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200304193019j:plain

ここでたいまつを持って激走します。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200304193040j:plain

どんなことがあろうとも

毎年3月1日より、どんなことがあろうとも行われています。
今年で1269回目です。
毎年大勢のお客さんでにぎわいますが、
さすがに今年は少ないですね。
そもそも集客イベントじゃないし・・・。
www.youtube.com