晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

奈良県天理市の山の方にある旧家の跡継ぎ問題について 「二階堂家物語」

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

日曜日は映画のひとときです。
本日紹介する映画は・・・。

「二階堂家物語」です。

目次

「二階堂家物語」

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200315145638j:plain

www.youtube.com

ストーリー

一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。
息子を失い妻が出て行ってしまった辰也に対し望まぬ相手との結婚を迫るハル。
そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。
名家の跡継ぎを巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。

ldhpictures.co.jp

キャスト

二階堂辰也:加藤雅也
二階堂由子:石橋静河
多田洋輔:町田啓太
二階堂ハル:白川和子

スタッフ

監督:アイダ・パナハンデ
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブプロデューサー:河瀬直美

2018年製作/106分/日本
配給:HIGH BROW CINEMA

感想

待望の男の子が生まれたのに、亡くなってしまった。
旧家の跡継ぎ問題は、
父が再婚をして子供をつくるか、娘が婿養子をとるかの問題になっていた。

男子がいないと、家が断絶してしまう。
少子化や過疎化によって、何代も長く続いた家が終わる。
家から逃げることもできず、息苦しい中で決断を迫られる。
祖母の体調も良くなく、シビアでやりきれない現実が父と娘にのしかかる。

種苗会社の社長である辰也は、
社員の沙羅に新米を届けるような、少しだけ意識しあう関係になる。
沙羅はシングルマザーで娘がいる。
辰也の元彼女が積極的にアプローチをしてくる。

娘の由子は父の種苗会社に勤務し、
幼なじみの洋輔と一緒に働いている。
洋輔は由子のことが好きなようだが、由子は気が乗らない。

結婚相手

家のために、
辰也と由子のどちらかが結婚し、男の子を得る必要がある。
それぞれに苦悩し、葛藤する。
妻に逃げられなかったら。
息子が生きていれば。
私が男に生まれればよかったのに。
生まれてくるのが女の子だったら。
子供には家よりも自分自身を大切にしてほしい。

さまざまな葛藤や出来事を通し決断を下す。
後味は良くない・・・。

天理

宗教都市・天理。
野球やラグビー柔道が強い天理高校が有名。
天理教の黒い法被を着た人たちがいて、毎月26日は月次祭があって、
奈良県の子供は夏休みに「おぢばがえり」に行く。
ただの宗教都市。

宗教施設があり、学生も多く、活気もそこそこあるけど以前ほどではない。
銀杏の街路樹が多く、山辺の道があって、古墳もあって、山間部にはダムもある。
普通の奈良の人が暮らす、ただの宗教都市。

青々とした銀杏は、秋になるとこんな感じになります。
以前は大きくならないように伐採してましたが、
銀杏並木は名所になりました。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200315145733j:plain

5点が満点です。
★★★☆☆ 3
奈良度 ★★★☆☆ 3

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200315145700j:plain

配信等