晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

人々はアマビエに何を求めるのか。 日曜美術館「疫病をこえて 人は何を描いてきたか」

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

交互出勤で自宅待機のため、ブログを書きました。
仕事のない日に逆戻りしても、全然うれしくないです。

(目次)

日曜美術館

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200421145236j:plain

放送時間
NHKEテレ1 日曜9:00~10:00
再放送 日曜20:00~21:00(前週分を放送。「アートシーン」は当日分)
NHKワールド・プレミアム 日曜5:10~5:55(「アートシーン」のコーナーは放送なし)
NHK BS4K 木曜19:00~19:45(「アートシーン」のコーナーは放送なし)

www.nhk.jp

今回のテーマ

「疫病」をテーマとした美術をとりあげ、人間はどのように疫病と向き合い乗り越えてきたかを探る。
小池寿子さん(西洋美術史)は中世ペスト期のイタリア壁画を読み解き、疫病の流行を経てルネサンスが準備されたと語る。
山本聡美さん(日本美術史)は疫病を〈鬼〉の姿で表した絵巻を例に、可視化することで制御し病と折り合おうとしたと解説。
ネットで護符として流行の妖怪「アマビエ」も登場、〈心が前に向く美術〉をご一緒に。

4月26日に再放送あります。

日本と疫病

辟邪絵(へきじゃえ)平安~鎌倉時代 12世紀
疫病を鬼の姿にして、お酢につけて食べる様子が描かれている。
悪鬼や病いを撃退する善神。古代中国で誕生。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200421145301j:plain

www.narahaku.go.jp

室町時代の絵巻では、念仏を唱えている人のリストを鬼に渡して帰っていただく。
ワクチンのない時代に、疫病を擬人化させ分かりやすく教えを説いている。

日本の考え方は
目の前で人が死んでいく。
やがて自分もそうなる恐怖。
戦うよりは向き合う。
病という現実を受け止めて、それでも生きていく。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200421145318j:plain

西洋と疫病

「死の舞踏」のように、日常に死がある絵が登場する。
疫病が落ち着き、苦難を乗り越えた後に、ルネサンス時代になっていく。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200421145433j:plain

西洋の考え方は
疫病は懲罰。悔い改めよと説いていく。
やがてキリストの教えに反発し、
ニセ預言者によって民衆をあおってフェイク(ニセ情報)が広がる。
ユダヤ人が井戸に毒を入れたなどなど。
これにより社会が混乱し、ユダヤ人が火あぶりの刑で犠牲になる。

これ、ユダヤ人を朝鮮人と言いかえれば、日本も同じことやってますね。
フェイクは憎悪を呼び、正義を間違ったものにすり替えてしまう。
文明は発達しているのに、人の知能は全然変わりないですね・・・。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200421145524j:plain

アマビエ

現代。アマビエがブームになっている。
私は絵を描かないけど、ツイッターでRTしてる。
SNSを通じて拡散し、厚労省に採用されるまでになる。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200421145342j:plain

アマビエは長髪にくちばし、胴はうろこに覆われた3本足の生き物。
江戸時代後期に肥後の国(熊本)の海に現れ、
「当年より6年間は豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ」と告げた。

アマビコは3本の足の猿のようなもの。
「私の姿を見る者は無病長寿、早々にこのことを全国に広めよ」と告げている。

アマビエのルーツは三本足の猿アマビコで、
アマビ「コ」を「ヱ」と間違えたという説もある。
お守りや絵を身に着けることで、理屈を超えて守られている感じがする。

過去の疫病にまつわる絵は、困難な状況に立ち向かった人びとの歴史でもある。
苦しい時だからこそ、命の尊さを強く感じ、
希望を見たい、明るくしたい、美しいものをみたいという気持ちが、
新しい芸術の形になるかもしれない。

関連

コロナが終息したら遠出したいですね。おいでよ奈良。