晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

奇跡講座「A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)」19週目 オンラインセミナーへの罪悪感

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

金曜日は奇跡講座です。
2020年1月より奇跡講座を続けています。
間違ったことを書いていると思います。指摘してください。

目次

奇跡講座

奇跡のコース「A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)」
http://www.jacim.com/

ワークブックの分冊版
「奇跡のコースのワークを学ぶガイドブック」
yasukokasaki.com

ameblo.jp

オンラインセミナー

連休時に心理学のオンラインセミナーを受講しました。
3日間、朝10時から夕方6時までのボリュームです。
本来は5日間やるのですが、精神的体力的に無理・・・。

当初は東京某所でリアル開催される予定だったので、
受講する気は全くありませんでした。
東京でゴールデンウィークにホテルに何日も泊ると、
宿泊代だけで何万円かかるのか・・・。

ZOOM会議システムのおかげで、
自宅で受講できる手軽さが良かったです。
コロナがあったから受講できました。

移動や宿泊にかかる時間やお金を節約だけでなく、
休憩時間にビデオを切って、布団で横になれるのも大きかったです。
誰にも会わない時間が確保できたのが、本当に良かったです。

普段のセミナー、というかワークは人がたくさんいて、
濃厚接触したりフォローとか話しかけてもらえたりします。
私はそういうのが苦手で、話しかけられるとテンパって普通に話ができないし、
外見内面ともに美しい方ばかりで、いろいろな緊張感があって油断できないです。
これは投影。
ワークが終わると、いつも寝込みます。うーんうーん( ゚Д゚)

ワーク初日の前日にふと、自宅で受けるのが嫌だと、
親が近くにいる中で受けることに、気持ち悪さと罪悪感が出てきました。
そこで大阪の某ホテルのテレワークプランで受けました。
料金は10時間で3500円と、相場が分からないけど手ごろな値段だと思います。

大阪も人が少なく電車は空いてるし、ファミマや店も休業でした。
賑わいもなく、静かな感じで過ごしやすいけど、
私の知ってる「大阪」ではなかったです。こんなん大阪ちゃうわー。

ワーク二日目はおとなしく自宅で受講しましたよ。すごい!
朝から右下の歯が痛くて、抗生物質ロキソニンでおさえました。
終盤でパソコンの接続が不安定(なにかの自動更新)になり、
ケータイから参加して乗り切りました。
いろんなことがありますね。

ワーク三日目も歯が痛くて、身体もだるいし熱出たかも・・・。
なにやってたっけ・・・。
しろたんバファローズポンタをお供にしましたよ。
私はしろたんに似てるそうです。ふわふわ。
www.youtube.com


ワークが終わってから熱を測ると37.5度出てました。
コロナではなく歯痛のせいだと思います。翌日には熱が下がりましたよ。
やれやれ(*´・ω・`)=3

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200505210257j:plain

ワークの内容は言えませんが、
イメージワークが苦手で、四苦八苦しながらでした。
6~8人程度のグループに分かれて、
ワークを受けた感想や今の気持ちを共有しました。

生きるのがしんどい気持ちを抱えた人たちが、
悩みを共有し、意識を変えていきます。
コロナという怖れに遭遇し、攻撃的な行動をとる。抑圧してストレスや不平不満が増える。
どのように行動するか考え、新しい環境を学ぶ。
誰かのために役立つことを見つけて成長するプロセス。
人は相手を思う愛が大きいほど、不安が大きいのです。

罪悪感。

親の庇護のもとにいるのに、ワークを受ける意味。
親を愛情を否定するようで仕方がない。
私がほしかった愛情は、親からは得られなかった。
母親は心配するか不機嫌になって無視するかの、どれかしかしない。
両親はつねにケンカごしで怒鳴りあって会話する、そういう家だから。
私がほしかった愛情は、ほめてくれること、肯定してくれること。
そういう家で、私は息をひそめるように生きている。

今年から奇跡講座を始め、いまだに「何言ってるんだお前は」状態だけど
「私は、どうありたいか」を考えるようになりました。
両親は心配することでしか愛情を伝えられない人なんだと思うようにしました。
それでしか生きられない哀れな両親・・・。

親の言う通りにすれば安全かもしれないけど、私は安心できない。
私はそれと違う生き方をします。
家に居るけど、心の意識は違うところにいる感じです。

1日1レッスン

レッスン96
救いは、わたしの唯一の自己から来ます。

あなたとは、たったひとつの真実の存在なのに、
自分をふたつのもの、善と悪、愛と憎しみ、心と身体の両方として経験しています。
正反対のものに分裂されているというこの感覚は、激しく、絶え間ない葛藤を引き起こすので、
相反する自己像を両立させるための狂気に満ちた挑戦を企てずにはいられなくなります。
あなたが救われたいのなら、真実と幻想がうまく折り合いをつけることは
あり得ないという事実を、受け入れなければなりません。

レッスン97
わたしはスピリットです。

レッスン98
わたしは、神の救いの計画におけるわたしの役割を受け入れます。

レッスン99
救いは、ここでのわたしの唯一の役割です。

レッスン100
わたしの役割は、神の救いの計画において、欠くことのできないものです。