晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

海人(うみんちゅ)はひげのおっさん。これは海のバーフバリかワイスピか 「アクアマン」

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

日曜日は映画のひとときです。
7月は海の日ということで海の映画を特集します。
本日紹介する映画は・・・。

「アクアマン」です。

目次

アクアマン

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200724225703j:plain

www.youtube.com

ストーリー

海底に広がる巨大な帝国アトランティスを築いた海底人たちの王女を母に持ち、
人間の血も引くアクアマンは、アーサー・カリーという名の人間として地上で育てられた。
やがて、アトランティスが人類を征服しようと地上に攻め入り、
アクアマンは、アトランティスとの戦いに身を投じていく。

キャスト

アーサー/アクアマン:ジェイソン・モモア
メラ:アンバー・ハード
バルコ:ウィレム・デフォー

スタッフ

監督:ジェームズ・ワン
製作:ピーター・サフラン
   ロブ・コーワ

2018年製作/143分/アメリ
原題:Aquaman
配給:ワーナー・ブラザース映画

感想

バットマンやスーパーマンのアメコミ、DCコミックスが原作。
DCコミックスはジョーカーやハーレクインといったクセが強すぎる敵がいっぱいです。
ちなみにアイアンマンやスパイダーマンはマーベルコミックです。
完全な独断と偏見ですが、マーベルが少年ジャンプ、
DCコミックが少年マガジンという感じでしょうか。
映画を観るだけで、原作を読んだことはありません。

ひげのおっさん

灯台がある海辺で暮らすアーサーは、
漁師のようであり海人(うみんちゅ)のような、ひげのおっさん。
海を超スピードで潜水し、海洋生物を操り、超人的な能力で海賊を退治します。
筋肉ムキムキマッチョメンで脳筋ぽい見た目です。
人間と海底人のハーフとして生まれ、
海底人の能力と存在理由に思い悩むナイーブなところがあります。

弟はアトランティスの王子で、人類を征服しようと地上に攻め入ろうとします。
それを阻止するため、海底人のメラとともに槍を探す冒険の旅に出ます。
砂漠やイタリアや古代ローマと世界中をめぐります。

海洋生物

海のシーンではサメやタツノオトシゴの乗り物や、
不思議な生命体といった多彩な海洋生物が登場します。
海の中ではゆらゆらと髪がゆれていますよ。
芸が細かいです。

主人公がひげのおっさんという時点でバーフバリなのですが、
戦闘服の鎧がさらにバーフバリぽいです。
そしてワイルドスピードのようなスピード感あふれる海の乗り物や、
地上での肉弾戦も盛りだくさんです。
ストーリーはシンプルで、分かりやすいですよ。

5点が満点です。
★★★★☆ 4

海ぶっしゃー
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200724231041j:plain