晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

信用詐欺師は本物も偽物もなく現実を越えていく。 「コンフィデンスマンJP プリンセス編」

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

日曜日は映画のひとときです。
本日紹介する映画は・・・。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」です。

目次

コンフィデンスマンJP プリンセス編

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200808171726j:plain

www.youtube.com

ストーリー

世界有数の大富豪フウ家の当主レイモンドが他界した。
10兆円とも言われる遺産をめぐりブリジット、クリストファー、アンドリューの3姉弟が火花を散らすが、
執事トニーが相続人として発表したのは、誰もその存在を知らない隠し子ミシェルだった。
世界中からミシェルを名乗る詐欺師たちが“伝説の島”ランカウイ島に集結する中、
ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人もフウ家に入り込み、華麗かつ大胆にコンゲームを仕かけるが……。

キャスト

ダー子:長澤まさみ
ボクちゃん:東出昌大
リチャード:小日向文世
五十嵐:小手伸也

スタッフ

監督:田中亮
脚本:古沢良太
製作:石原隆 市川南

2020年製作/124分/日本
配給:東宝

confidenceman-movie.com

感想

2020年7月23日公開。
映画館ポイントカードの更新特典でもらった、
1000円券の期限が7月末だったこともあり、さっそく観てきました。
新作映画を公開すぐに観るのはぜいたくですね。

信用詐欺師

最初から最後まで楽しかったです。
ダー子、ボクちゃん、リチャードの関係は安心感もありつつ、
だまされる期待もありました。

何をやってもダメな子

財布スリの元で暮らす少女コックリは、
言われたことにうなずくだけの子。
いつも暴力を受けて、
満足な教育も受けられなかった。

コックリをミシェルに仕立て、
ダー子はその母親になりフウ家にもぐりこみます。
いままでダー子は、さまざまな詐欺師の元で子供役もしていたと思います。
歳を重ねて自分が母親役になるときが、ついに来たという感じです。

経験をつんできたダー子と、失敗ばかりのコックリの親子は、
コンゲームに勝つことができるのでしょうか。

成長

ダー子は母親として、
コックリはミシェルとして、
ボクちゃんはたくましいボディーガードに成長します。

赤いスーツ姿がおなじみになったジェシーは、
前作以上に色気だだもれです。
テレビ版で登場した詐欺師も続々と登場します。

社会の目をそらしたいところも押し付けることなく、
さわやかに挑んでます。

www.youtube.com

5点が満点です。
★★★★☆ 4

エンディングロールが終わってからもお楽しみがありますよ。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200809151105j:plain