晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

おお、見事な月じゃ・・・。のう明智十兵衛。 「麒麟がくる」 第四十一回『月にのぼる者』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

麒麟がくる 第四十一回『月にのぼる者』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210123130527j:plain

5分で麒麟がくる
https://www.youtube.com/watch?v=BvQa68TDsTE

あらすじ

大坂本願寺丹波と、終わりの見えない戦に追われる光秀(長谷川博己)。
追放された将軍・義昭(滝藤賢一)は、諸国の大名に向けて「信長(染谷将太)を倒し幕府を再興せよ」と
御内書を送り続けており、事態は混迷を極めていた。
光秀は、訪ねてきた秀吉(佐々木蔵之介)に、自分に密偵をはべらせ、
行方不明の名茶器「平蜘蛛(ひらぐも)」を隠し持っていることを信長に報告し、
さも裏切ったかのように仕向けた調略について問いただす。

www.nhk.or.jp

感想

1月19日で麒麟がくる放送1周年を迎えました。
あのころの青年、光秀はもういない・・・。

平蜘蛛

平蜘蛛「よっ十兵衛。大切なことなので信長は3回言ったぞ」
しゃべる平蜘蛛、もとい松永久秀の声が聞こえそうな平蜘蛛は、
誰のものになるのでしょうか。

これほどの名物を持つ者は、持つだけの覚悟がいる。
いかなる折も誇りを失わぬ者、志高き者、心美しき者。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

信長に嘘をついたことを謝り、その覚悟を説明した光秀。
しかし、ただ名品を手に入れたかった信長にすれば、
覚悟は面倒くさい存在のようです。
あれだけ欲していた平蜘蛛を換金し値打ちを計ろうとする信長。
目に見えるものに価値を見出す者にすれば、
覚悟の価値は安くもろいのです。

貧乏

秀吉にとって平らかな世は「昔のわしのような貧乏人がおらぬ世」のようです。
普段は明るく信長の家臣の中でもにぎやかな存在です。
しかし本心を話すときは声のトーンが低く、
過去の自分や今の貧乏人を憐れむこともなく
冷たく切り捨てているようです。

きつく叱っておくは
異父弟であってもころすという意味なのですから。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210123130945j:plain

桂男

光秀は正親町天皇と2度目の面会を果たします。
最初は声だけのソーシャルディスタンスでしたが、
今回はかなり接近しました。
帝がこのまま月に還ってしまいそうな美しさです。

力ある者はみな月へ駆け上がるが、下界に戻ってきた者はいなかった。
信長という力のある者が、道を間違えないよう見届けるよう伝えます。
帝より光秀へ、新たなお使いミッションが与えられました。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210123131021j:plain

月には奇妙な男が住んでいるという。
名は桂男。
桂男は月にある不可思議な花をとりにいった。
その花は水に溶かして飲むと不老不死になるという。
桂男は独り占めしようとしたら神の怒りに触れてしまった。
そして不老不死のまま月に閉じ込められたという・・・。

桂男
月の世界に住んでいるという伝説上の男。
kotobank.jp

今週の鈍兵衛さん

鈍感十兵衛光秀、略して鈍兵衛さん。

放送開始延期、新コロナで撮影停止再開、台風による放送中止、
大河ドラマ初の年越しを乗り越えた放送1周年ですね。
本当に大変な1年となりました・・・。
あともう少しで完走です。
出演者や制作スタッフさんに感謝です。

1年前から今までのキービジュアルを振り返りましょう。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20200106122633j:plain

第2弾
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210123130442j:plain

第3弾
現代で光秀が見るものは
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210123130516j:plain


今回も本能寺の変ポイントがたくさん加算されました。
ポイントカードがいっぱいになるのが怖い・・・。