晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

こんばんは、徳川家康です。 「青天を衝け」 第1回『栄一、目覚める』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第1回『栄一、目覚める』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210220114431j:plain

あらすじ

武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で
養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(子役・小林優仁)。
人一倍おしゃべりの剛情っぱりで、いつも大人を困らせていた。
ある日、罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、
近くに住むいとこの喜作(子役・石澤柊斗)らと忍び込もうとたくらむが…。
一方、江戸では、次期将軍候補とすべく、
水戸藩主・徳川斉昭竹中直人)の息子、七郎麻呂(子役・笠松基生)を御三卿の一橋家に迎え入れる話が進んでいた。

www.nhk.or.jp

感想

渋沢栄一徳川慶喜の出会いは突然でした。
田舎の農民と徳川家の武士。
同じ空間にいるのに、ひとつの画面におさまっていない2人は、
いつか1フレームにおさまるのでしょうか。

栄一

血洗島村の養蚕と藍玉作りの農家で生まれ育つ栄一は、
よく遊び、よく学び、お蚕さまの世話をして、よく食べ、よく寝て、
青空に映える、元気いっぱいの田舎少年です。

どさくさにまぎれて、同じ村の女の子にプロポーズもします。
「お千代を幸せにしてえ」
罪人と出会い、この国を守る決意もします。
「俺が守ってやんべえ、この国を」
大切な人を守り、国の未来を守る。
それがどれだけ大変なことか分かりません。
しかし栄一はその大変な道を貫こうとしています。
時代とともに農民から大実業家へと導いていくのでしょうか。

NHKは子役をどこから見つけてくるんですか。
大人になったら吉沢亮になると思える、とても雰囲気のある子役さんです。

言い方が大人が子供に言い聞かすようで、子供はよく聞いてるんですよ。
お蚕さまも栄一のことが好きみたいw
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210220114522j:plain

七郎麻呂

水戸では徳川斉昭の嫡男、七郎麻呂が見事な狩りを行います。
厚い雲に覆われた空へ向かって矢を放ち、一羽のキジを打ち落とします。

すべては次期徳川将軍になるために、
斉昭のなぞ健康法で己を厳しく鍛えます。
黒豆100粒食べる。
牛乳を飲む。
湯茶を飲まない。
果物のような水物は食べない。
常にカラカラカサカサになれ。
痔にならない方法・・・。

ついに一橋家の養子に入り、七郎麻呂は慶喜と名乗ります。
これには父斉昭も喜びます。
「快なり 快なり 快なり!」
大切なことなので3回言いました。

元気いっぱいの田舎少年栄一、
神童七郎麻呂の、
まだ出会わないけど同じ時代を生きてる感じが良いですね。

隙あらば家康

このドラマにはナビゲーターのような立場として、徳川家康が登場します。
過去から未来を見つめる家康は、
徳川家の終焉をどのようにとらえるのでしょうか。
そして、
石田三成の心労が休まるときは来るのでしょうか。

うるさいw

今週の○○

「いだてん」では「今週の極論タイム」
麒麟がくる」では「今週の鈍兵衛さん」
なぞコーナーのタイトルがまだ決まりません。
ちなみに鈍兵衛さんのタイトルが初めて出たのは第9回でした。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com


麒麟がくる」から2週続けてプロポーズを見るとは思いませんでした。
「二人で茶でも飲んで暮らさないか」
麒麟ロスがつらいです・・・。メモリアルブックと続編を作ってほしいよー。

いつまでも麒麟ロスを引きずるわけも行かず、青天を衝け。
青色がとてもきれいに描かれてますね。
画面の圧力も柔らかいです。
藍玉の生産地ということで、農家の着物も藍で染められてます。
それぞれに刺し子や染め方に違いがあっていいですね。

捕らわれてぼろぼろなのに美しい玉木宏
栄一を導く者なのでしょうか。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210220114609j:plain