晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

直言の臣はおらぬのか! 「青天を衝け」 第3回『栄一、仕事はじめ』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第3回『栄一、仕事はじめ』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210223115956j:plain

あらすじ

市郎右衛門(小林 薫)と初めて江戸へ行った栄一(吉沢 亮)は、
江戸の華やかさに驚くとともに、父の姿に商売の難しさを知る。
その年の藍葉の不作により窮地に陥った父を助けるため、自ら藍葉の買い付けに行きたいと考える栄一だが…。
一方、黒船が襲来した江戸は、大騒ぎ。家慶(吉 幾三)が亡くなり、
次期将軍候補に慶喜(草彅 剛)の名が挙がるも、慶喜は反発する。
そんな慶喜の腹心の部下にと、ある男に白羽の矢が立つ。

www.nhk.or.jp

感想

「江戸だああああ」
憧れの江戸にやってきた栄一は、人の多さに驚き、
商人が街を作って武家が脇役に追いやられている現実を見ます。

栄一

そろばんをパチパチはじき、
藍葉の買い付けを1人でやってのけた栄一。
出来栄えの質より高く買った分は、
藍葉の肥料となるしめかす購入費として先行投資することで、
来年の藍葉のできに期待します。
栄一は両親にほめられて、商人としても才能を開花させようとしています。

オンテレーレン

オンテレーレンの人こと、砲術家高島秋帆が釈放されます。
行きは罪人かご、帰りは馬と、
時によって扱いの違いが目に見えてわかります。
オンテレーレンの人は、栄一の言葉を胸に生きてきました。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210220114609j:plain

慶喜

黒船襲来と将軍家慶が亡くなったことで、
幕府は窮地に立たされます。

将軍にはならないと明言する慶喜の家臣に、
平岡円四郎が選ばれようとしています。

商いの楽しみに目覚めた栄一と、なんにも楽しくない慶喜と。
2人はまだ出会うこともなく・・・。

今週の○○

まだタイトルが決まりません・・・。
ここぞというセリフや物事があればいいのですが。
こんばんは、徳川家康です。いやんばいす。・・・。

3話までの感想です。
安心して観られる大河ドラマだと思います。
いだてんのように時代があちこちに飛んだり、
麒麟がくるのように毒殺や主君がヤンデレで苦労したり、
ということもありません。
ほのぼのと歴史を知り、
日曜の夜に観るにはちょうどいいです。

織田信長もこんな両親のもとでほめられて育っていれば、
あんなことにはならなかったのに・・・。
麒麟がくる視聴者はそう思ってしまいます・・・。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210305110555j:plain