晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

めでためでたの お嫁入り お蚕様の きれいなおべべは 玉の輿 「青天を衝け」 第8回『栄一の祝言』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第8回『栄一の祝言

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210410130358j:plain

あらすじ

ついに、栄一(吉沢 亮)は自分の思いを語り、千代(橋本 愛)に結婚を申し込む。
と、そこに待ったをかけたのは喜作(高良健吾)。
栄一と喜作は剣術で勝負をすることに。
一方、幕府では、大老になった井伊直弼岸谷五朗)が
日米修好通商条約」を結ぶが、調印は違勅だと大問題に発展。
井伊に意見した慶喜(草彅 剛)や斉昭(竹中直人)には処分が下され、
安政の大獄と呼ばれる苛烈な弾圧が始まる。

www.nhk.or.jp

感想

幸せいっぱいの栄一と、謹慎処分の慶喜と。
栄一と慶喜の温度差で風邪ひかないで。

栄一

栄一は千代に結婚を申し込み、喜作と剣術勝負することになります。
喜作は強く、栄一はやられてばかりです。
千代は栄一を応援し、栄一は必死にくらいつきます。
そんな二人を見て、喜作は身を引きました。
「悪いがこの先、あいつの面倒をみてやってくれ」
そうして栄一は負けましたが、
千代を嫁に迎えることになりました。

松竹梅に 固く結びや絹の糸

喜作は男前で、すぐに別の女性が現れました。
でも、よしさんって誰?と思っていると、
ドラマの最後にはよしさんの尻にひかれてました。
喜作よ・・・。

慶喜

日米修好通商条約」は朝廷を通さずに結ばれました。
違勅調印をめぐり、慶喜の意地が垣間見れます。
朝廷を軽んじるにもほどがある。
全ては徳川のため・・・。
mantan-web.jp

井伊直弼井伊の赤備えのごとく強硬派の大老と思われがちですが、
青天を衝けでは、井伊家という重い存在につぶされそうになりながら、
政治には不向きと自負し「恐れ入り奉りまする」を連発し、
芸事に通じ「茶歌(ちゃか)ポン」と揶揄されることも。

やがて、将軍家定の弱さと境遇に似たものを感じたのかもしれません。
家定の遺言という呪いをかけられ、これからの幕府ではなく、
亡き将軍のためと意識と人格が変わりました。
これからの幕府という先が見えなくなり、安政の大獄が始まります。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210410130427j:plain

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

徳川御三家
徳川家康からはじまる江戸幕府将軍の宗家を将軍家と呼ばれます。
それとは別に家康の3人の子供たちが尾張徳川家紀州徳川家水戸徳川家を興します。
尾張紀州、水戸が徳川御三家にあたります。

尾張は名古屋、水戸は茨城と、今でも人が多く経済も発達していますが、
なぜ大阪ではなく、紀州和歌山なのでしょうか。
現代の考え方だと和歌山は交通の便が悪くてパンダがいるなのですが、
江戸時代だと海路がよく発達し、大阪の反乱抑止をする意味もありました。
www.nikkei.com

奈良から和歌山に行くには天王寺を経由するか、
JR和歌山線の各駅停車や車で五條橋本を越える必要があります。もしくは山の峠道。
となりだから近いと思われますが、実際はとんでもなく遠いです。