晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

憎まれ事はこの直弼が甘んじて受けましょう。 「青天を衝け」 第9回『栄一と桜田門外の変』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第9回『栄一と桜田門外の変

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210417142808j:plain

あらすじ

井伊直弼岸谷五朗)により、蟄居(ちっきょ)を命じられた
斉昭(竹中直人)や慶喜(草彅 剛)は無言の抵抗を続ける。
しかし、その井伊は桜田門外の変で暗殺され、斉昭も突然の死去。
父の死を耳にした慶喜は慟哭(どうこく)する。
一方、江戸から戻った長七郎(満島真之介)に感化され尊王攘夷の考えに傾倒し始めた栄一(吉沢 亮)は、
喜作(高良健吾)に続いて自分も江戸へ行きたいと父・市郎右衛門(小林 薫)に懇願する。

www.nhk.or.jp

感想

桜田門外の変をめぐり、
喜ぶ栄一と、苦悩の慶喜と。

栄一

江戸から遠く離れた血洗島での栄一たちは、
大老井伊直弼の苦しみを知ることもありません。
大老=悪い鬼」を退治したというノリで喜びます。
正義感の強い栄一も尊王攘夷にかたむき、陶酔していこうとしています。

慶喜

安政の大獄により、慶喜は江戸で永蟄居の命令が下されます。
苦しみの中で慶喜は部屋で謹慎を受け、身なりもひげが伸び放題です。
斉昭にも水戸での永蟄居の処分が下されます。

粛清後の幕府も、昏い雰囲気が払しょくされません。
「藩祖井伊直政公以来、井伊の赤備えとして大将みずから、お家の先鋒をお勤め申しております」
井伊直弼は表向きは明るく振る舞うも、
「おんな城主直虎」小野但馬守政次の「地獄へは俺が行く」ごとく、
開国を迫る諸国に対抗し、苦悩の道を歩みます。

以前の斉昭なら人が殺されても「快なり!」と喜び、藤田東湖にたしなめられてましたが、
井伊直弼が殺されたことで「仇になった」と先を見据えて苦悩します。
藤田東湖を失ったことで人としての成長をした斉昭。
しかし・・・。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210417142905j:plain
このシーンはカットされましたね・・・。出てきて。

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

安政の大獄桜田門外の変
大老井伊直弼水戸藩を粛清したことは、のちに安政の大獄と呼ばれます。

やがて尊王攘夷急進派の水戸藩士たちは脱藩して、
大老井伊直弼の暗殺へと過激な方へと進んでいきます。
それが桜田門外の変です。
tokyo-trip.org


「西洋人を殺せ!井伊を殺せ!」と若者たちは暴走し、
西洋から持ち込まれたピストルで暗殺は成功します。
矛盾した意識の中で、目の前の正義に陶酔した若者そのものです。
栄一もその正義におぼれていくのでしょうか・・・。