晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

もっと根本から正さねえと世の中なんも変わらねえ。 「青天を衝け」 第10回『栄一、志士になる』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第10回『栄一、志士になる』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210223115956j:plain

あらすじ

幕府では、暗殺された井伊直弼岸谷五朗)に代わって老中・安藤信正(岩瀬 亮)が、
孝明天皇尾上右近)の妹・和宮深川麻衣)の将軍・家茂(磯村勇斗)への降嫁を進めていた。
朝廷との結びつきを強めて幕府の権威回復を図った和宮降嫁は、尊王攘夷派の志士に火をつける。
一方、念願の江戸に来た栄一(吉沢 亮)は、尊王論者・大橋訥庵(山崎銀之丞)を紹介され、安藤の暗殺計画を知る。
長七郎(満島真之介)は、その計画のために命を捨てる覚悟を決めるが…。

www.nhk.or.jp

感想

目先の利ではなく、世の中の根本と遠い未来を見て、
志士になろうとする栄一と、動かない慶喜と。

栄一

尊王攘夷という目の前の正義に陶酔した若者たちが、
カルト集団のように集まり、暴走していきます。
悪は罰する。天誅だ。幕府転覆だ。腹を切る。・・・。

長七郎が尊王攘夷におぼれて、江戸で洗脳されてしまいます。
以前にうさんくさい修験道の団体を見破った栄一は、まだ洗脳されていません。

桜田門外の変はたまたま成功しただけで、
今は武家の警備も厚くなりました。
そこらへんの血気盛んな若者ではやられてしまいます。
長七郎はどうなる。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210424123209j:plain

男たちは尊王攘夷に盛り上がりますが、女たちは日々の暮らしに追われています。
女は男よりも深く学びを得てこなかったことや、
血なまぐさいのは生理で見慣れていることで、
男たちの幻想に夢を見ることなく、呆れているのかもしれません。

*おまけ
お前に会いたかった。

こんばんは、徳川家康です。
この流れ好きですw

慶喜

熱く暴走する若者たちは慶喜を動かそうと、
決起を依頼する手紙を出します。
しかし慶喜はそれを見ても動きません。
慶喜は若者たちよりも、広く深い世の中の根本を見ているのです。

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

公武合体により、
孝明天皇の妹和宮徳川家茂と結婚しました。
manareki.com

和宮には公家の婚約者がいるのに、
江戸の将軍であっても野蛮な武家に嫁ぐことになります。
自分の意見は聞き入れられず、幕府と朝廷の都合で嫁ぐという地獄・・・。
女は男の勝手に振り回されるのです・・・。

救いなのは家茂が仮面ライダーゴーストのアラン様で、
ひよっこのヒデという磯村勇斗さんだったことです。
見た目も中身もイケメンは正義w
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210424123234j:plain