晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

この世を変えることに命をかけてえ。大義のために生きてみてえんだ。 「青天を衝け」 第11回『横濱焼き討ち計画』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第11回『横濱焼き討ち計画』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210223115956j:plain

あらすじ

栄一(吉沢 亮)と千代(橋本 愛)に待望の第一子が生まれるが、
すぐに亡くなってしまい、渋沢家は重い空気に包まれる。
そんな中、惇忠(田辺誠一)は自らの手で攘夷(じょうい)の口火を切ろうと、横浜の外国人居留地の焼き討ちを発案。
心を動かされた栄一は、武器や仲間を集め始める。
一方、謹慎を解かれた慶喜(草彅 剛)は将軍・家茂(磯村勇斗)の後見職となるも、
島津久光池田成志)らから「一刻も早く攘夷の決行を」と迫られる。

www.nhk.or.jp

感想

攘夷、攘夷。
北武蔵から攘夷を決行しようとする栄一と、攘夷をせかされる慶喜と。

栄一

長七郎は京へのがれ、
栄一に長男が生まれて尊王攘夷の想いは消え・・・、
消えずにさらに熱くなっているようで、横領もします。

惇忠は横浜焼き討ち計画を立て、
北武蔵から攘夷を決行するため決起文を書きます。

神託
高天原より神の兵が天下り、天子様を悩ます蛮荻を殺すであろう。

計画の中身は、八犬伝のごとく一気に乱入して城を乗っ取ります。
坂下門外の変の失敗を学ばない、典型的なファンタジーであふれています。
もう無理すぎる。

横濱焼き討ち計画のその後を少しばかり。
toyokeizai.net


しかし栄一の最初の子は、はしかで亡くなります。
生まれてすぐから予防接種やワクチンをたくさん打つのは、死なないためです。
人が健康に生きているのは、多くの犠牲で成り立っているからです。
この世は乳幼児に厳しく、悲劇をくりかえさないためです。

栄一と千代に2人目が生まれます。
最初の子のように喜びを爆発させるでもなく、何か思い詰めているようです。
そして父と話し合い、栄一は家を出ることになります。

お前は、お前の道をゆけ。
平和な血洗島を出て、栄一はどうなる。

慶喜

謹慎処分も解け、将軍後見職についた慶喜
攘夷決行と荒ぶる公家たちにあきれ、
京で多忙な日々を過ごします。

正直に相手の痛いところをついていく慶喜
なんだか栄一と意気投合しそうです。
マジレス蛮族だし。
で、マジレス蛮族て何。
教えて詳しい人。

後見職とは何という貧乏くじ
貧乏くじとともに行こうとする円四郎の心意気。

www.saitama-np.co.jp

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

薩英戦争と下関戦争で、薩摩藩長州藩は大敗しました。
諸外国の強さを目の当たりにし、積極的に西洋技術を学んでいきます。
外国排除の攘夷が形を変えていきます。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210429122333j:plain