晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

これが京かぁ。ぐるぐるするのぉ。 「青天を衝け」 第13回『栄一、京の都へ』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第13回『栄一、京の都へ』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210515123409j:plain

あらすじ

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は
江戸で円四郎(堤 真一)の妻・やす(木村佳乃)から一橋家のご証文を受け取り、無事京都へたどりつく。
京都では朝廷が参与会議を開催。薩摩藩などが国政に影響力を持ち始める中、
“一度全てを捨て、新しい世を作ろう”と語る松平春嶽(要 潤)に、慶喜(草彅 剛)は静かに怒りを募らせる。
一方、栄一からの文を喜んだ長七郎(満島真之介)は京都に行くことを決意。
しかし道中で誤って飛脚を斬ってしまい捕らえられる。
栄一の文も見つかり、幕府から目を付けられた栄一と喜作は追い詰められる。

www.nhk.or.jp

感想

京の盆地は、冬寒く夏暑く。
寒さとしでかしたことに震える栄一と、朝廷の参与会議に参加する慶喜と。

栄一

血洗島では栄一と喜作は伊勢参りに出たことにして、
ふたりは京へ向かいます。
その前に、平岡円四郎の妻よりご証文を受け取ります。
これがあることで一応は平岡家、しいては一橋家の家臣だと示すことができます。

ちなみに、円四郎に言わせれば、
きりっとした顔の喜作と、おもしろ顔の栄一。
とびきりのイケメンと言えばいいのに、
円四郎の顔面偏差値認定が厳しすぎる。

京についた栄一たちは多忙な円四郎に会うことができず、攘夷探訪をはじめます。
攘夷について聞き込み調査をしたり、芸子と遊んだり。
父親からもらったお金も少なくなるわけで・・・。

五代才助
新選組副長土方歳三
すれちがいのような小さな遭遇は、
やがてバタフライエフェクトのようになるのでしょうか。
kotobank.jp

長七郎が狐の嫁入りを斬った。
それは幻覚で、現実に斬ったのは飛脚でした。
栄一たちが長七郎に送った文もお上に取り上げられて、
今までのできごとや横浜焼き討ち計画がバレてしまいます。

栄一と喜作が平岡家の家臣と名乗ったこともあり、
一橋家にも影響が出ています。
そして、
血洗島から幕府批判をしてきた栄一と喜作が、
一橋の家来になるときがきました。

慶喜

松平春嶽は今までをリセットして新しい世を作ろうと、
途方もなく大きなことを言います。
薩摩藩長州藩は英国や諸外国と戦い敗れたことで、
倒幕開国へと方向転換しました。

政治の舞台は江戸から京へと変わり、
京都でほんろうされるのは慶喜も同じなのです。

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

今回、ナビゲーターの徳川家康が登場しませんでした。
毎週登場するたびに、うるさかった石田三成が静かです。
大丈夫・・・?

時代は幕末なのにどうして家康なのか。
青天を衝けはすべての登場人物が、
尊王攘夷というウイルスに飲み込まれ、ほんろうされています。
その中で冷静かつ楽しくツッコミを入れる道化役がいません。
過去の人物を道化役にすえて、
戦国時代と幕末を線でつなげるようです。

時代は点ではなく線、
線ではなく地層のように積み重なっていると思います。
土地を掘り起こせば土器とか木簡とか出てくるんで、そうなんでしょうね・・・。
特に奈良県は木簡がすごいから・・・。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210220114431j:plain