晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

快なり! 「青天を衝け」 第14回『栄一と運命の主君』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第14回『栄一と運命の主君』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210517122202j:plain

あらすじ

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は、円四郎(堤 真一)から一橋家に仕官せよと迫られるが、
栄一は慶喜(草彅 剛)に自らの意見を建白することを条件に出す。
円四郎は遠乗り途中の慶喜に2人を対面させ、屋敷で謁見させることに成功。
栄一と喜作は、一橋家に仕官することになった。
一方慶喜は、薩摩藩天皇に信頼の厚い中川宮(奥田洋平)を取り込んでいることに気づく。
中川宮を問い詰め、その場にいた島津久光池田成志)らに“天下の大愚物、天下の大悪党だ”と言い放つ。

www.nhk.or.jp

感想

栄一と、慶喜の、運命の出会い。

栄一

「一橋家の家臣になれ」
倒幕をめざしていた栄一と喜作は、真逆の急展開にその後の身の振り方を考えます。
一橋家への仕官をする前に、直接話をしたいと条件を出します。

ぐるぐるどくどく、おかしれえ!
栄一は急展開を楽しんでいるようです。

そして第1話の冒頭につながります。
そこは血洗島ではなく、松ヶ崎。
慶喜たちの馬を追いかけ激走の果てに、面会にこぎつけます。
今すでに徳川のお命は尽きてございます。
もし天下にことのあったとき、あなた様が大事なお役目を果たされたいとお思いならばどうか、この渋沢をお取り立てくださいませ。

栄一の威勢の良いプレゼンにより、一橋家に採用が決定しました。
いよいよ政のどまんなかに飛びこみますが、まずは雑用係から。

住み家は狭い部屋で自炊生活。
攘夷探訪により所持金をゼロにしてしまい、
お金を借りてゼロ以下の出発となりました。
上司はお金を貸し、お隣さんは食べられる草を教え、
若い二人を厳しくも優しく支えてくれています。

今まではたくさんの人が住む広い家で、家族にご飯を作ってもらって百姓仕事に集中できました。
血洗島は恵まれた環境だったのです。

慶喜

栄一の威勢の良いプレゼンを、
「ふーん」
冷めた目で聴いているだけでした。
不作法でも目新しさは特にないと、ばっさり切り捨てます。
それでも採用したのは、栄一と喜作に何かを見たのだと思います。

一橋家の養子になるため優秀に育てられ、すべてが完璧の世界を生きています。
慶喜の周りには知性があって冷静沈着なのに、どこか欠点のある人たちが支えています。
美賀君のヒステリック、父の暴走、円四郎はごはんを山盛りによそう不作法もありました。
今となっては良い思い出でしょうか。
慶喜に足りないもの、ないものを補いあえる、お互いを支えあう。
主君と家臣たちは、そういうものかもしれません。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210312231442j:plain


宴会で中川宮を呼び出し、
島津久光松平春獄、前宇和島藩主・伊達宗城を「天下の大愚物、天下の大悪党」と言い放ちます。

麒麟がくるだったら、
慶喜が中川宮を足蹴にして塩漬けにしてましたね・・・。
慶喜でよかったですね・・・。国父様が命拾いしましたよ。

政権の返上など決してさせません。
栄一の威勢のよさが、慶喜に影響を与えたのかもしれません。

夜に残っていた家臣たちを前にして「快なり」と酒を飲む。
尊敬しても苦手意識があった斉昭がしたことと同じように、
「快なり」と声をかけることで家臣と心が一つになりました。
立場が人を作る、人が立場を作るのです。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210517122240j:plain

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

栄一と喜作は夜中にたたき起こされて、一橋家からの酒をいただきます。
血洗島や京で飲んだものとは全く別物のおいしさのようでした。

江戸時代後期には灘の酒が日本一になったそうです。
jp.sake-times.com

今でも灘五郷として日本酒の生産が盛んです。
www.nadagogo.ne.jp

今は新型コロナ感染予防のため、
みんなで楽しく酒を飲むのが難しくなりました。
お取り寄せなどで、今はひとりで静かに楽しめると良いですね。