晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

摂海防禦御台場築造御用掛 「青天を衝け」 第15回『篤太夫、薩摩潜入』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第15回『篤太夫、薩摩潜入』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210529115235j:plain

あらすじ

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は、武士として初俸禄(ほうろく)をもらい、
円四郎(堤 真一)から「篤太夫(とくだゆう)」「成一郎(せいいちろう)」という新しい名も授かる。
太夫の初仕事は、摂海防禦(せっかいぼうぎょ)の要職に就く薩摩藩士・折田要蔵(徳井 優)の隠密調査だった。
そこで出会った西郷吉之助(博多華丸)から、“先の時代が読める優秀な人材ほど非業の最期を遂げる”と聞かされた篤太夫は、円四郎の行く末を心配する。
一方、水戸藩では、藤田東湖の息子・藤田小四郎(藤原季節)が攘夷(じょうい)実現のため
天狗党(てんぐとう)を率いて挙兵していた。

www.nhk.or.jp

感想

薩摩の動向をうかがい、けん制する、
隠密の篤太夫と、摂海防禦指揮の慶喜

太夫

円四郎から新しい名をいただき、栄一は篤太夫、喜作は成一郎と名乗ります。
喜作のままでもいいのに、成一郎は雑に与えられた感じがすごいです。
円四郎は篤太夫の「他人とは違う着目点、出来の良さ、政治力」を見抜いているようです。

薩摩藩士の折田を調査するうちに、薩摩言葉の翻訳をしたり、西郷吉之助に出会ったりします。
この吉之助さあは見た目が優しいですが、中身はそうとう黒いですね。
「んにゃんにゃ」言ってくれないし。

「先の時代が読める優秀な人材ほど非業の最期を遂げる」
吉之助さあは、円四郎に同じものを視たのかもしれません。
太夫にそれを話すのは、円四郎へのけん制だけではないと思います。

慶喜

世話係の小姓の失敗にも広い心で受け流す慶喜
慶喜の元で働く家臣たちは、失敗を許してくれる慶喜にほれていきます。
上に立つ者は高圧的ではなく許しを与えると、
下の者がついていくと知る必要があります。

将軍後見職につけたのは薩摩のおかげですが、
今や薩摩は討幕を掲げています。
太夫の成果により薩摩の内情を知りつつ、
摂海防禦指揮の役職につきました。
無事にやり遂げることはできるのでしょうか。

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

摂海防禦御台場築造御用掛
インパクトが強すぎて、摂海防禦とは何なのか最後までわかりませんでした。
www.weblio.jp

禁裏御守衛総督にも就任してました。
京を外国の脅威から守るため、陸と海から護衛します。
www4.plala.or.jp

摂海(大阪湾)を囲むように砲台が点在してます。

三菱重工の敷地内には和田岬砲台があります。
www.mhi.com