晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

この平岡円四郎が尽未来際どこまでもお供つかまつります。 「青天を衝け」 第16回『恩人暗殺』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第16回『恩人暗殺』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210223115956j:plain

あらすじ

太夫(吉沢 亮)と成一郎(高良健吾)は、円四郎(堤 真一)に命ぜられ、
一橋家の兵と家臣を募るべく関東に出向く。
二人はかつての同志・真田範之助(板橋駿谷)に会い、一緒に働くことを勧めるが一蹴されショックを受ける。
血洗島村では惇忠(田辺誠一)と平九郎(岡田健史)が
水戸騒動に関わった嫌疑で連行され、惇忠は牢(ろう)に入れられる。
一方京都では土方歳三(町田啓太)ら新選組池田屋を襲撃。
攘夷(じょうい)派志士の怒りは、禁裏御守衛総督(きんりごしゅえいそうとく)の慶喜(草彅 剛)と側近・円四郎に向かっていく。

www.nhk.or.jp

感想

平岡円四郎に、
拾われた篤太夫と、拾った慶喜

太夫

太夫と成一郎は関東の一橋領地で、兵と家臣をスカウトすることになります。
その地できらりと光る原石たちを探し周ります。

その途中で円四郎の妻やすに、家臣になれたことを報告します。
鳥を見るがいい。
円四郎の言葉を伝えて、やすを安心させます。

天狗党が挙兵する筑波山で真田範之助と再会します。
栄一と喜作が尊王攘夷の実行者ではなく、一橋家家臣になっていたことで、
真田殿からすれば、渋沢と渋沢は裏切り者に見えるわけです。
政の本質に、気がつくか、気がつかないか。
気づいた者が、気づかない者を説得するのは、現実を知らない限り難しいことです。

長七郎は人を殺め、
惇忠と平九郎は尊王攘夷の思考で捕まります。
尊王攘夷というカルトに飲み込まれ、
良くないことだと気づいたときには殺されたり牢獄の中にいたりする。
子供の暴走を止められなかった母の悔やしさと、
子供がしていることを知ろうともしなかった後悔と。

故郷血洗島にも足を運ぼうとしますが、
栄一と喜作が無断で村を出たことで、
役人に目をつけられているようです。
断念せざる得なくなります。

たくさんの兵と家臣候補を集め、篤太夫と成一郎は京へ戻ります。

慶喜

「私は・・・輝きがすぎるのだ。
この幻の輝きが、実に多くの者の命運を惑わした」
慶喜はいつも冷静沈着に周りを見ています。
周りはなぜかいつも慶喜を高く評価します。
時に期待され、時に怖れられ・・・。

「突飛な色男のようなセリフ。
それがしは、殿を東消大権現の再来だと思うております」
円四郎も慶喜を高く評価していますが、
慶喜と面白おかしく政をしたい」と捉えているようです。
主従関係が対等だからできるのでしょう。

慶喜が夢でも会わない東照大権現に、
ほぼ毎週会っている視聴者ってなんなのですか・・・。
なお今週はお休みでした。
そこまで慶喜に合わせなくていいのに。合うと会うの違い。

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

水戸藩士に暗殺された平岡円四郎。
その人物像はどのようなものでしょうか。
bushoojapan.com

ドラマではご飯をよそうのも下手な不器用な人でした。
\へえお待ち/
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210312231442j:plain

円四郎に見いだされた渋沢栄一はのちにこ記します。
平岡が水戸浪士の為に暗殺せられてしまうやうになつたのも、
一を聞いて十を知る能力のあるにまかせ、
余りに他人のさき廻りばかりした結果では無からうかとも思ふ

intojapanwaraku.com

頭の回転の速い慶喜と円四郎は、互いに理解し尊敬していたかもしれません。
周りには理解されない者は非難の対象になるのでしょうか。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210312231416j:plain

慶喜の心に黒い点がまたひとつ増えました。
その点はとても大きく、やがて心を閉ざすまでになるのでしょうか。
f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210417142905j:plain

死にたくねえ・・・。
まだ、見てえもんが、山ほど・・・。
殿、あなたは まだ これから・・・。

やす・・・。

鳥は飛び立つ。