晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

人の一生は重荷を負て 遠き道をゆくが如し いそぐべからず 「青天を衝け」 第21回『篤太夫、遠き道へ』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第21回『篤太夫、遠き道へ』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210709195614j:plain

あらすじ

太夫(吉沢 亮)は、パリ万博に参加する慶喜(草彅 剛)の弟・昭武(板垣李光人)の随行
フランス行きを打診され、その場で快諾する。
一方、慶喜は第15代征夷大将軍に就任。慶喜は篤太夫を呼び出し、昭武の未来を託す。
その後、横浜で初めて勘定奉行小栗忠順武田真治)と対面した篤太夫は、
このフランス行きに秘められた重要な目的を知らされる。
旅立ちの前、成一郎(高良健吾)と再会した篤太夫
二人は牢(ろう)に囚(とら)われている長七郎(満島真之介)と久々に対面するが…。

www.nhk.or.jp

感想

パリ万博へ異国の道を進む篤太夫と、
1年後も分からない江戸幕府の道を進む慶喜と。

太夫

パリ行きを即決する篤太夫
パリ万国博覧会の出席と昭武の留学、
フランスから600万ドルの借款の成立という目的がありました。

かつて燃やそうとした横浜港に入り、
高松凌雲、福沢諭吉たちと出会います。
杉浦愛蔵、田辺太一は二度目の渡仏となります。
栄一たちが攘夷と騒いでいたころには、
すでに外国の良さに目を向けていたということでしょうか。

小栗上野介忠順は昭武の留学費用について、
勘定奉行職である間は間違いなく送金すると約束します。
「3年後、1年後には幕府がどうなるか分からない。
幕府はなくなるかも知れないが、日本の役に立つのなら、
いつか徳川のおかげで助かったと言われるのなら、徳川の名誉だ」

成一郎とともに、牢屋に閉じ込められたままの長七郎と再会し、
望みを捨てないよう伝えます。
牢屋生活でぼろぼろになった長七郎は、
かつて砲術家高島秋帆が釈放されたように、
蘇ることはできるのでしょうか。

血洗島から江戸、京、そしてパリ。
太夫の行動は、血洗島の家族に衝撃を与えてばかりです。
千代はどうして篤太夫に手紙を送らないのでしょうか・・・。

慶喜

フランスのナポレオン3世より送られた軍服を着こなす慶喜
本人は似合わないと言いますが、輝きが過ぎるのです。

夷荻を嫌っていた孝明天皇が、天然痘で亡くなります。
子の祐宮(のちの明治天皇)は、外国の種痘(ワクチン)のおかげで天然痘にかかりません。
そして父に近づくこともできました。
外国は排除すべき敵とかたくなに拒むのではなく、
恩恵もあることを死の間際に知るのです。

岩倉具視は世話係のおばあさんにも相手にされません。
「王政復古を果たす!」
ニワトリ「こっここっこ」
カラス「ぎゃーぎゃー」
王政復古の大号令は本当に叶うのでしょうか・・・。
iwakura-tomomi.jp

徳川幕府をめぐり、幕府内外で動いています。

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

太夫慶喜が一緒に唱えたのは
徳川家康の東照公御遺訓です。
www.toshogu.or.jp

東照公御遺訓

人の一生は重荷を負て 遠き道をゆくが如し
いそぐべからず
不自由を常とおもへば 不足なし
こころに望おこらば 困窮したる時を思ひ出すべし
堪忍は無事
長久の基(もとい) いかりは敵とおもへ
勝事ばかり知て まくる事をしらざれば
害其身にいたる
おのれを責て 人をせむるな
及ばざるは 過たるよりまされり

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210709195638j:plain