晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

参った!物産会どころか何日かけても見切れねぇ品ばかりだい。 「青天を衝け」 第22回『篤太夫、パリへ』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第22回『篤太夫、パリへ』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210717115325j:plain

あらすじ

パリに到着した篤太夫(吉沢 亮)たちは、さっそく万国博覧会の会場を視察。
蒸気機関やエレベーター…最先端の西洋技術を目の前にして度肝(どぎも)を抜かれる。
しかし、日本の展示ブースに行くと、そこには薩摩の紋が高々と掲げられていた。
幕府使節団は薩摩に抗議するが、モンブランと五代(ディーン・フジオカ)が裏で手を引き、
幕府と薩摩は同格の政府であると風聞が流れる…
そんな中、昭武(板垣李光人)はナポレオン三世の謁見式に出席し、堂々と慶喜(草彅 剛)の名代としての役目を果たす。
そのころ日本では、慶喜が次々と幕政改革を打ち出していた。

www.nhk.or.jp

感想

パリ万博で異文化に驚く篤太夫と、
将軍として奮闘する慶喜と。

太夫

約2か月かけて船と汽車を乗りついでパリに到着します。
パリ万博を視察し、日本にはない技術を見せつけられます。
船や汽車の蒸気機関に驚き、エレベーターに驚き、
世界中の芸術文化と美しいものに驚き。

しかし琉球王国ゾーンには薩摩のものが・・・。
日本は連邦国で、江戸徳川幕府はそのひとつ、薩摩も連邦国のひとつ。
間違った紹介には薩摩が関わっていました。
華やかなパリ万博の裏で暗躍する五代様。
シーボルトも暗躍していました。

適応力ばつぐんの篤太夫と違い、
水戸藩士は民部公子の昭武を守ろうと必死です。
パリの女性が声をかけてもはねのけ、
財政苦であってもアパートの家賃の値下げなどもってのほか。
武士のプライドが強すぎます。

そして600万の借款の失敗。
予定が狂い始めました。

太夫に女好き要素が出てきましたね、これからどうするんでしょうか。

慶喜

オランダ語、フランス語、英語を駆使し、各国の代表と謁見します。
今までの将軍とは違うことを見せつけます。

ナポレオン3世への親書の署名は、徳川慶喜ではなく源慶喜です。
将軍は正式な場で源氏を名乗ることがありました。

>朝廷から官職を得るには、何事も先例が重んじられたので、当時「武家の棟梁である征夷大将軍は、源氏がふさわしい」という考えが根強かったのも事実。家康もこの先例にならい、源氏であることをアピールして将軍になったのです。
honcierge.jp

清和源氏とは
kotobank.jp

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

パリのシーンは現地ロケがかなわず、
VFXによる合成で作られました。

今までのシーンにも取り入れられてます。
分かりませんでした。
www.youtube.com

CGとVFXの違い
online.dhw.co.jp

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210717115354j:plain