晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

なぜだ、なぜ私の大事なものを次々と奪う! 「青天を衝け」 第23回『篤太夫と最後の将軍』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第23回『篤太夫と最後の将軍』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210722143623j:plain

あらすじ

フランスからの借款は消滅したが、篤太夫(吉沢 亮)が当面の資金繰りに奔走し、
昭武(板垣李光人)は留学を続けていた。
家庭教師のヴィレットの教えに従い、篤太夫たちは髷(まげ)を落とし、刀も外し、洋服を着ることに。
同じころ、日本では西郷(博多華丸)が軍備を整え、岩倉(山内圭哉)と大久保(石丸幹二)が王政復古への動きを進めるが、
慶喜(草彅 剛)は先手を打って政権を帝に返上してしまう。
一方、血洗島では篤太夫の養子になった平九郎(岡田健史)が、江戸に向かおうとしていた。

www.nhk.or.jp

感想

洋装でフランス語を話す篤太夫と、
江戸幕府の終焉を迎える慶喜と。

太夫

太夫はうひょひょという表情で、
わくわくしながら断髪式にいどみましたが、
水戸藩士は断髪式が切腹状態です。

栄一が武士になった当初は月代(さかやき)がありましたが、
京での暮らしの間に伸びて、
一橋家家臣になったころには月代もなくなってました。

ところで、
栗本鋤雲がロバート秋山に見えるのは私だけでしょうか。

外国の暮らしに適応できた篤太夫は、
諸外国の風通しの良さにも驚きを隠せません。

日本の情報が流れてくると、
良いものではありませんでした。

慶喜

家臣の原市之進が暗殺され、
またしても慶喜の大切なものが奪われてしまいました。
苦しみと悩みの中で、
孤独な将軍は幕府の終わりを選択する。

慶應3年(1867年)10月12日
慶喜は政権を帝に返上する大政奉還をおこないます。

声をかけることもない。
目をそらすこともない。
東照大権現様の涙。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210722143735j:plain

返上しても江戸幕府は政治には関わりたいスタンスをとります。
しかし薩摩藩慶喜の思惑とは別の動きをします。
薩摩を討つべし!

岩倉具視は5年間の謹慎を解かれ、
錦の御旗ににんまりとします。
5年間温めてきた王政復古の大号令の計画が動き出します。

intojapanwaraku.com

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

オリンピックパラリンピックのため5週休止です。
放送休止 7月25日 8月1日 8月8日

第24回放送 8月15日
第25回放送 8月22日

放送休止 8月29日 9月5日

第26回放送 9月12日

総集編や第23話の再放送もありますよ。
www.nhk.or.jp