晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

生きて日の本の行く末を見届けろ。そのほうがよほどつらいかもしれぬ。 「青天を衝け」 第27回『篤太夫、駿府で励む』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第27回『篤太夫駿府で励む』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210223115956j:plain

あらすじ

太夫(吉沢 亮)は、駿府藩の勘定組頭を命じられるが、
水戸にいる昭武(板垣李光人)のことを思って辞退する。
しかし、この命が慶喜(草彅 剛)の配慮であることを
大久保一翁木場勝己)から聞かされ、駿府に残る決断をする。
太夫はパリで学んだ知識を生かし、
武士と商人が力を合わせて商いを営む「商法会所」を設立。
駿府藩の財政改革に乗り出す。
一方、箱館では、成一郎(高良健吾)や土方(町田啓太)らが
新政府軍を相手に決死の抵抗を続けていた。

www.nhk.or.jp

感想

フリーター状態の武士を相手にする篤太夫と、
孤独に己と向き合う慶喜と。

太夫

太夫は民部公子の2度のプロポーズを断り、
駿府に残り、商人と武士が手を組んだ商売を始める。

武士は刀を捨てそろばんを手にする覚悟を。
商人は金儲けだけでなく駿府を担う矜持を。
最初は互いの歩み寄りに難航しますが、
太夫のお金儲けのセンスは発揮され、少しずつ利益を上げていきます。
gakumado.mynavi.jp

パリでは4万両の利子をあげ、
新政府の五代才助、大隈重信伊藤博文をびびらせます。

明治元年が終わるころになっても
戊辰戦争は続いています。
函館の五稜郭にて成一郎は土方歳三とともに戦います。
ケガ人が続出し、弘前城も落とされます。

土方は成一郎に言います。
「お主には生のにおいがする。
生きて日の本の行く末を見届けろ。
そのほうがよほどつらいかもしれぬ。
行け」
土方は敗れ、戊辰戦争終結し、成一郎は・・・。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210920123744j:plain

慶喜

太夫駿府に置き、財政健全化をまかせます。
厚い信頼の表れでしょう。

慶喜は篤太夫と時々会っていたようですが、
函館の陥落により徳川の世が完全に終わったときは
面会しませんでした。

人の一生は重荷を負て
遠き道をゆくが如し
いそぐべからず

慶喜ひとりが重荷を負うわけではなく、
誰もがそれぞれに重荷を負っているのです。

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

土方歳三の登場はわずかでしたが、
町田啓太さんかっこいいですね(*´▽`*)

そんな土方ロス(?)のみなさんに
土方のスマホが放送されます。

でたー。
光秀のスマホの第2弾ww
土方歳三を演じるのはどなたでしょうか。

9月27日、28日、29日、10月11日、12日、13日の
夜11時30分より1話5分で全6話です。
視聴しないと粛清されますよw
www6.nhk.or.jp