晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

おれは大蔵省を辞める。 「青天を衝け」 第31回『栄一、最後の変身』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第31回『栄一、最後の変身』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20211018195004j:plain

あらすじ

栄一(吉沢 亮)たちは、日本で初めてとなる銀行づくりに乗り出した。
さっそく、豪商の小野組、三井組に協力を依頼するも難航。
民間の合同によって銀行をつくりたい栄一と、独自に銀行をつくりたい三井は対立し、
三野村利左衛門(イッセー尾形)と熾烈(しれつ)な駆け引きを繰り広げる。
そのころ、富岡製糸場の操業を始めたい惇忠(田辺誠一)は、工女が集まらないことに悩んでいた。
西洋式への誤解から、「生き血を取られる」とうわさが立っていたのだ。
誤解を解かねばならない。惇忠は、娘のゆう(畑 芽育)に伝習工女になってほしいと頼み込む。

www.nhk.or.jp

感想

栄一 ready

栄一

父が亡くなり、栄一の妹おていは結婚が決まり、新しい中ん家のはじまりました。

栄一は大阪で知り合った女中のくにを妊娠させてしまいます。
千代は二人を見てどう思ったのでしょうか。
「そうでしたか・・・。おまえさまのお子です。共に育てましょう」
武士の妻としての覚悟なのか、
その胸のうちは千代にしか分かりません。

やがて、くにの子は産まれ、千代も男の子を産みます。
当時は裕福な人は外に女を作ることを良しとしていたらしいですが、
妻の気持ちを知ることはできません・・・。

戊辰戦争で逮捕された成一郎が出所します。
成一郎は次々と人がしんでいく姿を目の当たりにしました。
幕府のために命を落とすのは名誉。
だけど、だけど・・・。
成一郎はしねなかった、
時がたつほど生きることの未練が出てきます。
そして成一郎は喜作に戻りました。

平岡円四郎が篤太夫のついでで名付けた成一郎。
パリで資本主義を得た篤太夫と、
戊辰戦争で命の大切さを得た成一郎は幕府に還り、
日本で資本主義を実現する栄一と、
戦争をしない世の中を創ろうとする喜作がそろいました。

あの惇忠がフランス人と話をしています。
喜作は浦島太郎状態です。
実の娘に頭を下げ、外国人への誤解を解き、
富岡製糸場が完成し操業しました。

合同銀行創設をめぐり大蔵省と三井と小野がもめます。
栄一は官金返納をちらつかせて、脅すような形でとりまとめます。
気づけば栄一は、
なりたくもない「幕府のお役人」になっていたのです。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

慶喜の言葉を思い出します。
「渋沢、この先は日本のために尽くせ」
日本のために尽くすには・・・。

栄一は決心します。
おれは大蔵省を辞める。
今度こそ最後の変身だ。

www.youtube.com

変身!
仮面ライダーメテオ
お前の運命(さだめ)は俺が決める・・・!
www.kamen-rider-official.com

(フォーゼは見てなかったので悔やまれます)

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

富岡製糸場
www.tomioka-silk.jp

明治5年(1872年)10月4日に開業、
昭和62年(1987年)3月に約110年操業し停止しました。

富岡製糸場では女工さんが安心して働けるよう、
1日8時間勤務、日曜休みといった、福利厚生が充実してました。

他の製糸場では、過酷な勤務や虐待などがありました。
それをまとめたものが女工哀史や、映画あゝ野麦峠です。
kotobank.jp

あゝ野麦峠
eiga.com