晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

尽未来際生きてくれ。何でも話す。そなたともっと話がしたい。 「青天を衝け」 第39回『栄一と戦争』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

青天を衝け 第39回『栄一と戦争』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20211213125723j:plain

あらすじ

栄一(吉沢 亮)は、ホワイトハウスルーズベルト大統領と会談。
日本の軍事面のみが注目され、経済への評価がまだまだ低いことを痛感する。
やがて、日露戦争が勃発。
財界の代表として戦争への協力を求められた栄一は、公債購入を呼びかける演説をするが、その直後に倒れてしまう。
栄一の見舞いに訪れた慶喜(草彅 剛)は、“生きてくれたら、自分のことは何でも話す”と、涙ながらに語りかける。
栄一たちは、慶喜の功績を後世に伝えようと、伝記の編纂(へんさん)を始める。

www.nhk.or.jp

感想

戦争への協力を引き受けた栄一。
戦争を止められなかった慶喜

栄一

喜作は財界を引退し、惇忠は20世紀を見届けて亡くなります。
栄一はアメリカに渡りルーズベルト大統領と会談し、
韓国のこと、養育院、目白の女子大設立とまだまだ精力的に活動を続けます。
篤二も実業家として働くようになりました。
しかし慶喜のような趣味に生きる世捨て人に憧れているようです。

国や軍人たちにより財界も主戦論にのみこまれます。
「仁義ある戦争ならば、勝った国は繁盛し、負けた国も繁盛する」
戦争には多額の費用がかかり、
経済力は公債が頼りという弱いところがあります。

日露戦争のさなか、栄一は高熱にうなされ命の危機を迎えます。
日清戦争の時も病気になり、体質に合ってないのかもしれません。
経済には強いが、戦争には前線に出てもないのに負ける、
そんな父親が篤二は好きじゃないのかもしれません。

栄一は遺言を託します。
銀行の頭取は佐々木勇之助に。
韓国の経営は伊藤博文井上馨に。
篤二、嫡男はお前だ。この家を頼む。

弱々しい栄一の手を握ることなく逃げる篤二。
この家を継ぐ恐怖に襲われます。
僕も逃げたい。
そして見舞いに訪れた慶喜にあたります。
「それでも、あなたに比べたら、ましなはずです。
あなたが背負っていたのは、日本だ。
それなのに、今も平然と・・・」

栄一は慶喜の励ましにより回復し
伝記の編纂での慶喜の話を聞いて、心を強くします。

今の日本は心のないはりぼてだ。
そうしてしまったのは私だ、私が止める。
私は近く実業界を引退する。

慶喜

尾高惇忠に面会し、その活躍にねぎらいの言葉をかけます。
史実では皇居で明治天皇と面会もあったそうです。

病気になった栄一を見舞い、励まします。
「尽未来際、生きてくれ。
何でも話す。そなたともっと話がしたい。だから死なないでくれ」

尽未来際。
平岡円四郎が「尽未来際どこまでもお供つかまつります」と慶喜に話してました。
どこまでも「おかしれえ」家臣は、
今も慶喜を励ます存在になってます。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

そして伝記の編纂を承諾します。

今でもあの時の皆の顔を夢に見る。
人は誰が何を言おうと戦争をしたくなれば必ずするのだ。
欲望は道徳や倫理よりずっと強い。
ひとたび敵と思えばいくらでも憎み、残酷にもなれる。
人は好むと好まざるとにかかわらず、
その力に引かれ、栄光か破滅か運命の導くままに引きずられていく。

失策であった。
後悔している。

そのずっと前から間違えていたかもしれない。
光を消して余生を送ってきた。
人には生まれついての役割がある。
隠遁は私に残された最後の役割だったのかもしれない。

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20211213125749j:plain

かつて慶喜は「私は輝きがすぎるのだ」と円四郎に話したことがありました。
その輝きを自ら消す苦しみを与えました。

将軍にならないように逃げたが、
将軍ならざる得なくなり、
最後の将軍として後悔しつづける慶喜
逃げたくても、
渋沢家の嫡男だからと、
家を継がされようとしている篤二。
篤二は慶喜から何を得るのでしょうか。

今週のこんばんは徳川家康です。

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。

日清戦争
1894年(明治27)7月~1895年(明治28)11月
朝鮮の支配権をめぐり、日本と清国との間で起こった戦争。
戦争費用は2億円。政府予算は8000万円で費用は賠償金でまかないました。
www.jacar.go.jp

日露戦争
1904年(明治37)2月~1905年(明治38)9月
朝鮮と南満州(中国東北)の支配をめぐり、日本とロシアの間で起きた戦争。
日本は12万人の死者や病人を出し、戦争費用は15億~20億円。
ポーツマス条約では日本の賠償金などの放棄で妥結。
www.jacar.go.jp