晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

海が見たくなったーいくぞー! 「鎌倉殿の13人」 第8回『いざ、鎌倉』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第8回『いざ、鎌倉』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20220207110902j:plain

あらすじ

挙兵した源頼朝(大泉洋)を討つため、追討軍を送る平清盛(松平健)。
後白河法皇(西田敏行)は地図を広げ、丹後局(鈴木京香)らと戦況を占う。
一方、奥州をたった源義経(菅田将暉)は、兄・頼朝との対面を夢見て歩みを進めていた。
そのころ坂東では、上総広常(佐藤浩市)らを加え勢いを増す頼朝が、鎌倉を目指して進軍。
頼朝の命を受けた北条義時(小栗旬)は、武田信義(八嶋智人)を味方に引き入れるため、再び甲斐へと向かう……

www.nhk.or.jp

感想

頼朝の兵は2万を越えました。
増えた分だけ、
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

みんな武衛

頼朝が兵をないがしろにしていると周りから不満が出ます。
上総介広常は「佐殿」と呼ぶのが苦手ですが、頼朝と呼ぶのは難しいようです。
義時を通じて、義村が武衛という呼び方があるとアドバイスします。
武衛は佐殿より格上なのです。

「みんな、やっておるかな」
頼朝がすしざんまいポーズをしながら兵の元に現れます。
そして上総介広常に「武衛」と呼ばれて満更でもなさそうです。
しかし、上総介広常は知ってか知らずか、周りの者までも武衛と呼びます。
みんな平等に格上であることを印象付けてしまいました。

ないがしろ

頼朝は政子の鎌倉入りを1日延ばすよう伝えます。
出会った亀を連れていたのです。
「そういうことです」

そして、頼朝はそばに亀がいるにもかかわず、
声高らかに政子が男子を産んで源氏の繁栄を願います。
頼朝は亀をただの女と見下し、亀の反撃が恐ろしいことになりそうです。

そして・・・。
伊東祐親にとって八重は大切な娘。
自然に周りを見下す頼朝に娘が奪われたことが許せなく、
たとえ娘が産んだ子供であっても頼朝の血を引いているから殺した。
頼朝が八重を大切にしたとしても、許せなかったのでしょう。

御曹司

「まずは富士山だー!」
「みんな食えーごちそうだー!」
「海が見たくなったーいくぞー!」

突拍子もない言動で周りを振り回す、御曹司こと源義経
その場のノリで周りを驚かせながらも、合理的な行動をとっていきます。
回り道が長すぎて、なかなか鎌倉に行きません・・・。

しかし、狂気的ともいえる残酷さも見せます。
義経は「麒麟がくる」の信長なみのヤバい人かもしれません。
しかし義経は奥州藤原家で大切に育てられましたが、
麒麟の信長は親から愛されず、愛情に飢えた孤独の人でした。
愛情の有無が、義経と信長の違いかもしれません。

海に出た義経が見たものは、漁師姿の信長だった・・・。という展開もなく、
義時が夢で大樹を斬る夢を見るという展開もないとは思いますが、
これからどうなっていくのでしょうか。

tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com