晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

春日野の若菜つみにやしろたえの袖ふりはえて人のゆくらん 「鎌倉殿の13人」 第11回『許されざる嘘』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第11回『許されざる嘘』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20210807125547j:plain

あらすじ

鎌倉では、源頼朝(大泉洋)の新たな御所が完成。
東武者に平家の旧領を恩賞として与えるなど着々と体制が整えられ、北条義時(小栗旬)も慌ただしい日々を送っていた。
だが、りく(宮沢りえ)は、頼朝の舅である夫・時政(坂東彌十郎)の処遇の低さに不満を募らせる。
一方、都では平清盛(松平健)が敵対勢力の掃討に乗り出し、その苛烈さに人々が恐れおののく。
そんな中、平家討伐を焦る義経(菅田将暉)は集った兄たちの前で……

www.nhk.or.jp

感想

鎌倉殿と御家人の制度が完成しても、八重に振られても、
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

鎌倉殿

1180年(治承3年)12月12日、鎌倉殿が完成します。
武士たちに所領や役職が与えられ、主従関係ができました。
佐殿は鎌倉殿、家人は御家人と呼ばれます。

頼朝の従者である安達盛長、妻の弟である北条義時
全成、義円、義経の頼朝の弟たち。
和田義盛上総介広常、そして梶原景時も頼朝につきます。

しによった

1181年(治承4年)閏2月4日、平清盛が亡くなります。
「頼朝を殺せ」と後継者の平宗盛に遺言を残します。
平宗盛後白河法皇院政の再開を認めます。

鎌倉殿は多忙である!

義経はなかなか出陣できず、いらだちがつのります。
もし男子が生まれなかったら義経が跡継ぎという話も出ています。
そんな中で義経が義円をそそのかします。
「兄弟なんだから当たり前。助け合っていきましょう」
義円はおじの源行家の出陣に合流し、頼朝宛の手紙を義経に託します。

手紙は読むことなく破られました。
しかし梶原景時が手紙を拾い復元し、義経は窮地に陥ります。

義円は墨俣川の戦いで討たれました。

鶴丸の成仏

そして政子が懐妊します。
男子が産まれるためには徳を積む必要があるとなり、
幽閉されている伊東祐親に恩赦を与えることになりました。
以前のような鋭さはなくなり、八重とも少しずつ和解していきます。

鶴丸の成仏の功徳により男子が誕生する。
だが千鶴丸をころした者に恩赦を与えて良いのか・・・。
やがて善児が元主に手を下し、自害と見せかけ処分されました。

義時は困惑します。
「人を許す心が徳となるのではないのか。爺様はもう帰ってはきません!」

鶴丸の成仏の功徳は、どこまで続くのでしょうか。
まともな嘘はあるのでしょうか。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

1181年(治承4年)12月28日、平清盛平重衡を出陣させ、
平家に反発する東大寺興福寺を攻撃し、大仏殿を焼き討ちにします。
翌年には復興事業がはじまり、源頼朝の全面協力の元、
1185年(文治元年)に後白河法皇を導師として大仏開眼供養が行なわれました。
www.todaiji.or.jp

大河ドラマでは約1年3か月ぶり何度目かの東大寺大仏殿炎上です。
松永久秀「わしは大和が好きじゃ!大和は美しい!神仏をあそこまで焼き滅ぼすほどの図太さは、わしにはない」
鹿「」
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

どかーん(おかげさまで今でもアクセスがあります)
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com