晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

この田んぼのヒル! 「鎌倉殿の13人」 第12回『亀の前事件』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第12回『亀の前事件』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20220110151026j:plain

あらすじ

北条義時(小栗旬)から父・伊東祐親(浅野和之)と兄・祐清(竹財輝之助)の死を告げられ、憤る八重(新垣結衣)。
義時は八重をいさめ、源頼朝(大泉洋)から与えられた江間へと八重を送る。
政子(小池栄子)が懐妊し頼朝の嫡男誕生への期待が高まる中、比企能員(佐藤二朗)が比企尼(草笛光子)を伴い鎌倉に出仕。
さらに、三善康信(小林隆)から推挙された官僚・大江広元(栗原英雄)らが都から下向し、新たな関係が動き出す……

www.nhk.or.jp

感想

田んぼのヒル呼ばわりされて、
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

執着

妹の実衣が頼朝の異母弟の全成と結婚します。
僧侶でも結婚できるんですね。
よかったよかった。かな。

八重は頼朝に亀という愛人がいることに失望していますが、
それでも頼朝のことが好きで、そばにいたくて。
ここまでくると八重の執着にも感じられます。
頼朝以外はモブ扱いで、江間殿も義時も眼に入っていないようです。

八重の父祐親の死は千鶴丸成仏のためです。
ただし、成仏によって政子の男子誕生を願うものであって、八重のためではないのです。

後妻打ち

政子は男子を出産し、鎌倉も安泰になると思った矢先、
亀の存在がうわさとして広がります。
やがて政子にもうわさが届き、怒り心頭です。

事前に亀を義村や上総介広常に預けますが、
義村は「頼朝の女だ、そのとき俺は、頼朝を超える!」となぞ理論で燃え、
上総介は「色目を使ってきやがる」と辟易します。

義経は喜々として家を壊します。
やりすぎですが・・・。
おそらく出兵しない上に男子が産まれたことの、
義理兄への不満もあるのでしょう。

頼朝の調査により、
義経と北条家が関わっていることが分かります。
りくの兄で政子の教育係の牧宗親に処分が下されました。
人前で髷を落とされるという、当時としては侮辱行為でした。

栄一

頼朝の不倫問題。
りくが頼朝に厳しく言います。
「夫に側女がいて、それを心より許せるおなごなど、都にだっておりません。
側女が当たり前と開き直られては堪りません」

栄一、聞いてるー?
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

青天を衝けのお千代は飲み込みましたが、
りくと政子は黙っていません。
さらに頼朝は罪悪感からか不平不満をぶつけ、
父の時政が爆発してしまいます。
源頼朝がなんだってんだ!
わしの大事な身内によくそんな口をたたいてくれたな、たとえ鎌倉殿でも許せねえ!」

誰もが傷ついた亀の前事件。
ただ、亀は無傷なようですが・・・。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

後妻打ち(うわなりうち)
事前通知が必要だそうです。
intojapanwaraku.com

前妻が親しい女たちとともに、後妻の家財などを打ちこわす。
kotobank.jp

八重さんも政子に後妻打ちを・・・と思いましたが、
そばにいることが彼女の後妻打ちかもしれません。