晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

黒髪のみだれも知らずうちふせばまづかきやりし人ぞ恋しき 「鎌倉殿の13人」 第13回『幼なじみの絆』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第13回『幼なじみの絆』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20220110151026j:plain

あらすじ

政子(小池栄子)が男児を出産し源頼朝(大泉洋)の嫡男誕生に沸く鎌倉であったが、頼朝の浮気が大騒動に発展。
激怒した北条時政(坂東彌十郎)は伊豆へと戻り、これを比企家の好機と捉えた能員(佐藤二朗)は源義経(菅田将暉)らに近づく。
そんな中、義時(小栗旬)は八重(新垣結衣)のことを一途に思い、鎌倉と江間を往復する日々を送っていた。
一方、平家に敗北し再起を図る源行家(杉本哲太)は木曽義仲(青木崇高)を頼り……

www.nhk.or.jp

感想

その笑顔を守りたい。
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

木曽義仲

頼朝は木曽義仲と源氏の棟梁の座を争っています。
そこに平家と通じているといううわさが流れ、
義時たちは真偽を確かめるため木曽へ向かいます。
平家と通じていない証しに人質を差し出す条件を提示します。

木曽義仲は川魚が生焼けだったことに謝り、
巴御前とは妻ではないこと、人質に嫡男の源義高を差し出します。
男気あふれる木曽義仲と、もはや相棒のような女武者の巴御前
義時は鎌倉では経験したことのないひとときを過ごしました。

僧侶がうるさい

藤原秀衡を調伏するため、京から清盛を呪った僧侶を呼び寄せます。
あの文覚が羽振りも良さそうな、立派な容姿で現れます。
そして、全成と激しい呪術廻戦を繰り広げることになりました。
うるさいよ・・・。

後妻打ち後

頼朝に後妻がいたことで、坂東武者の心が離れてしまいます。
亀の元に政子が訪れます。
政子は正妻として亀が憎くて、苦言の一つや二つ言いたいのは分かります。
しかし亀は政子が坂東の女にとってあこがれの存在であること、
頼朝の妻にふさわしい者になること、
教養を得て御台所として恥ずかしくない者になることを伝えます。
和泉式部を知らない政子は
亀からどのような書物を読めばいいか教わります。

なぜ亀が頼朝の愛人になったのでしょうか。
容姿は普通であっても教養の深さがあり、
京育ちの頼朝が満足したからかもしれません。

義時の献身

義時は3日に一度は、江間にいる八重の元を訪れます。
ぼさぼさの漁師姿の義時から渡される魚。
「えっ怖い」
八重はドン引きです。

八重は文句を言います。
「勝手すぎます。いらなかったら誰かにあげてって、
なんで私が山菜好きの人を探さなきゃいけないんですか」
うれしくないプレゼントをもらっても困ります。

義時は
「八重さんの笑っている姿が好きなんです。
笑いながらお帰りなさいといってほしいから。また来ます」
このままでは八重に笑顔が出たとしても引きつってるようなものかもしれません。

そんな生活の中で頼朝が現れます。
子供が殺され、正妻の座を奪われ、後妻もいる。
それでも頼朝の側から離れなかった八重は、
ついに頼朝の指を強くかむ一撃を食らわせました。
八重は頼朝から離れる覚悟と行動ができました。

木曽から戻った義時は、おみやげを渡します。
「八重さんの後ろ姿が幸せなら私は満足です。
あなたには伊豆の景色が良く似合う。ずっとそう思ってました。
帰ります」

八重は義時を引き留めます。
「待って。
お役目ご苦労様でございました。
お帰りなさいませ」

八重は献身を続ける義時を哀れに思ったのか、
それとも信頼する決断をしたのか。
その真偽は分かりません。
ただ、八重は見えていたのに見てなかったことに気づいたのかもしれません。

「ただいま、帰りました」