晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

何よりも急ぐは三種の神器の奪還。 「鎌倉殿の13人」 第14回『都の義仲』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第14回『都の義仲』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20220110151026j:plain

あらすじ

嫡男・義高(市川染五郎)を鎌倉へと送った木曽義仲(青木崇高)は、平家の追討軍を撃退して上洛。
敗れた平宗盛(小泉孝太郎)は、三種の神器とともに都を落ち延びる。
義仲の活躍に焦る源頼朝(大泉洋)であったが、義仲と後白河法皇(西田敏行)との関係が悪化すると、
弟・義経(菅田将暉)を大将とし派兵することを決断。
しかし、利益のない戦に御家人たちが不満を募らせる。そんな中、義時(小栗旬)は……

www.nhk.or.jp

感想

東武者の頼朝離れが止められず、
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

木曽義仲

平家の追討軍を撃退して上洛します。
後白河法皇三種の神器の奪還を命じられますが、神器が何か分かりません。
しばらく京都で暮らしますが、京のマナーやルールが分からず笑い者にされてしまいます。

「ゆっくりせよと言われて、本当にゆっくりするやつがあるか」
京は、本音がどこにあるのか読み解くのが至難な場所でもあります。
木曽義仲が人格者であっても京のマナーわからないがゆえに、
平家と通じていると謀反の疑いをかけられていきます。

出陣

木曽義仲が窮地に追い込まれていると知ると、
すかさず贈り物を届け、ついに軍を動かします。
大将には義経が選ばれます。
ずっと戦に出たいと暴れていたこと、頼朝の身内であることも要因かもしれません。
「強き弟に恵まれて、わしは果報者じゃ」

木曽義仲の子の源義高は頼朝の娘の大姫と婚約します。
義高の趣味はセミの脱け殻を集めることで、
出発する義経からセミの抜け殻をもらいます。

この時代の人たちは知っているのか分かりませんが、
セミは7年地中で過ごし地上では1週間の命です。
抜け殻は、そこに命があった証明かもしれません。

スパイ

頼朝の言うことを聞かず、出陣を渋る坂東武者たちが集まりだします。
文覚は経を読まずに魚を釣り、集まりにも顔を出すようになります。
義村も父には逆らえない立場です。

義時は八重を妻に迎えて、さらに身重の八重を労わります。
私生活は充実しても、坂東武者と頼朝の仲立ちには相変わらず翻弄しています。
父時政の助言を得ながら、坂東武者をまとめる道を探ります。
上総介広常に集まりに誘われたら行くように伝えます。
義時は何かを考えているようです・・・。