晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

御家人なんざ、使い捨ての駒だ。 「鎌倉殿の13人」 第15回『足固めの儀式』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第15回『足固めの儀式』

f:id:tamaki_sunny_cloudy:20220110151026j:plain

あらすじ

源義経(菅田将暉)率いる一軍が迫っていると知った木曽義仲(青木崇高)は、
後白河法皇(西田敏行)を捕らえて京に籠もる。
一方、鎌倉では御家人たちが謀反を計画。
上総広常(佐藤浩市)も加わり、義仲の嫡男・義高(市川染五郎)を旗頭とし、
都ばかりに目を向ける源頼朝(大泉洋)の失脚をたくらむ。
義時(小栗旬)は御家人たちの計画を潰すため大江広元(栗原英雄)らと連携し……

www.nhk.or.jp

感想

東武者の反乱を解決するために
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

足固めの儀式

東武者たちは文覚が作ったなぞの儀式(生後500日目の幼子が初めて立って歩いた祝い)で、
頼朝と政子の子、万寿を連れ去ることを計画し、頼朝の失脚を狙います。

東武者たちは鹿狩りと称して準備を整え、いよいよ乗り込みます。
義円も襲撃を受けますが、とっさに床下に隠れて助かります。
義時の説得と上総介広常の動きにより、
謀反を止めることに成功します。

見せしめ

頼朝の側近の大江広元は、御家人全員を許すのは示しがつかないこと、
誰か一人に見せしめのため罪を負わせることを提案します。
見せしめは上総介殿があがる。

広元「最も頼りになる者は、最も恐ろしい」

頼朝「この鎌倉で、わしの知らないことはない。広元から聞いておった。
上総介広常、いずれ何とかせねばと思っておった。
その矢先にこの一件が持ち上がってな。最初に思いついたのは、おぬしであったな」

広元「鎌倉殿でございます」
頼朝「わしであった」

広元「あえて謀反に加担させ、責めを負わせる。見事な策にございます。
明日、御家人たちを御所に集め、その席で皆の前で斬り捨てるというのはいかがでしょう。
見せしめにするなら効き目は大きい方が」
頼朝「上総介は言った。御家人は使い捨ての駒と。やつも本望であろう」

ひたすら反対する義時ですが、
上総介広常の元ではなく、三浦義村の元でグチを吐きます。
「お前は少しずつ頼朝に似てきてるぜ。これはほめ言葉だ」

謀反

頼朝に命じられた梶原景時は、御家人たちが集まる中で上総介広常を斬ります。
上総介広常は事態が飲み込めず、義時はただ涙を流すことしかできません。
そして上総介広常は義時を見つめ絶命しました。

御家人なんざ、使い捨ての駒だ。
御家人どもがまた騒ぎ出したら、俺がまた何とかする」

義時は事前に上総介広常に逃げよと、伝えることも会うこともしませんでした。
鎌倉殿と上総介広常の間で、
義時は迷い続け、ただひたすら悔しさを感じるだけです。

頼朝は御家人たちに命じます。
「わしに逆らうものは何人も許さぬ。肝に銘じよ」
冷酷な頼朝に、御家人たちはついてくるのでしょうか。
足固めをしたのは、誰でしょうか。

下手な文字

上総介広常は京に上がる前に読み書きの練習をしていました。
字は上達はしませんでしたが、
真摯な気持ちを込めて文をしたためていました。

これから3年のうちにやること
明神様のための田んぼを作る
社も作る
流鏑馬を幾度もやる
これ全て
鎌倉殿の大願成就と東国の太平のため

ここでは武衛ではなく鎌倉殿と書いています。
最も頼りになり、
最も恐ろしい男は
最も頼朝を信頼してました。

八重は義時の子を産みます。
ぶえいぶえいと泣く赤子に、義時は・・・。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

BSで18時からの放送を見てから総合20時の放送も見ましたが、
ダメージが大きすぎてふらふらしました。
居酒屋武衛はどこですか・・・。
こんな感じなので、ネタが思いつきません。
今までの大河ドラマで主人公が頼りにしている人が倒れたときと、その結果を振り返ります。

「青天を衝け」も篤太夫の恩人が暗殺される悲劇がありました。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

やがて「尽未来際」が慶喜と栄一の生きる力になりました。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

麒麟がくる」では明智光秀の主、斎藤道三が子によって倒されます。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

光秀が主を倒すという、本能寺の変に到達します。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

上総介広常を救えなかった義時に、「救い」はあるのでしょうか・・・。