晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

我らはもう、かつての我らではないのです。 「鎌倉殿の13人」 第17回『助命と宿命』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第17回『助命と宿命』


あらすじ

源義経(菅田将暉)の軍略がさえわたり連勝に沸く鎌倉方。
しかし、木曽義仲(青木崇高)の討伐により鎌倉に再び暗雲が立ち込める。義
仲の嫡男・義高(市川染五郎)を危険視する源頼朝(大泉洋)は、
戦勝報告のため範頼(迫田孝也)とともに鎌倉へ戻っていた義時(小栗旬)に義高の処断を命令。
大姫(落井実結子)を思う政子(小池栄子)は憤り、義高を救うため奔走する。
一方、頼朝に試された義時は八重(新垣結衣)ら家族を思い……

www.nhk.or.jp

感想

北条小四郎義時
狂った世界で
堕ちていく

木曽義仲と平家の討伐成功により、
義経後白河法皇より検非違使(けびいし)の職をたまわります。
kotobank.jp

祝いの席で義経は、静御前の舞に魅了されます。
地位と名誉と美しい女を得て、この世の春のようです。

源義高

義時は頼朝より源義高の処分を命じられます。
なんとしても生かしたい義時は策を練り、実行に移します。

しかし予定通りにはいかないこともあります。
全成は鎌倉殿のコスプレで潜入し、
安達盛長は時間稼ぎをして頼朝が動かないようにし、
八重は身寄りのない子供たちとともに、義高を寺に導きます。
いいなずけの大姫は、父頼朝に命がけで義高の助命を訴えます。

義高は頼朝への復讐で満ちており、義時を許していません。
そこに甲斐源氏の一条忠頼がそそのかします。
巴御前より木曽義仲の手紙が届けられ、それが間違っていることに気づきます。

誰もが義高に生きてほしいと願っていること。
鎌倉からの脱出を手助けしたいこと。
人望の厚い人物は、やがて頼朝の敵になるから、早くに討ち取れ。

そこに吉報が届けられます。
謀反人 源義高 討ち取られる。
「これは天命ぞ」
頼朝により捕縛の命は握りつぶされます。

鎌倉

義時は、決定的な何かを突き付けられたようです。

一条忠頼を討ち、父の武田信義に二度と逆らわないようクギを刺します。
「お前たちはおかしい。狂っておる」
甲斐にはまだ良心があるようです。

源義高を討ち取った藤内光澄を、斬って川にさらします。
これは姉政子の悲しみから出た一言がはじまりでした。
義時は政子に諭します。
「姉上は決して許さぬと申された。
姉上、あなたの許さぬということはそういうことなのです。
御台所の言葉の重さを知ってください。
我らはもう、かつての我らでは、ないのです」

「父を、許してくれ・・・」
義時は自らの手を汚していないが、もはや血まみれです。

あのころの、八重にふられてショックで泣いたり、
上総介広常に振り回されたり一緒に酒を飲んだりしていた、
あのころはもう、戻ってこないのです。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

北条小四郎義時
親しい人を何人も亡くしても、頼朝の家臣として務めます。
なぜそこまでして家臣を続けるのでしょうか。

「お主はわしの頼りになる弟じゃ」
2話では頼朝の本心が垣間見えました。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

「坂東武者の世を作る。そしてそのてっぺんに北条が立つ。
そのためには源氏の力がいるんだ。頼朝の力が、どうしてもな」
5話では兄の宗時の願いを知りました。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

今までは振り回され系主人公でしたが、
これからどのような人生を歩むのでしょうか。
benesse.jp