晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

この先私は誰と戦えばよいのか。 「鎌倉殿の13人」 第18回『壇ノ浦で舞った男』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第18回『壇ノ浦で舞った男』


あらすじ

苛烈さを増す源平合戦
必死の抵抗をみせる平宗盛(小泉孝太郎)率いる平家軍に対し、
源頼朝(大泉洋)は義経(菅田将暉)に四国、範頼(迫田孝也)に九州を攻めさせ、逃げ道をふさぎにかかる。
しかし、範頼軍は周防で足止めをくらい、義時(小栗旬)・三浦義村(山本耕史)らが状況の打開に奔走。
一方の義経軍も、後白河法皇(西田敏行)の命により摂津から動けずにいた。
そんな中、梶原景時(中村獅童)の献策を一蹴した義経が……

www.nhk.or.jp

感想

鎌倉から遠く離れた壇ノ浦でも、
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

九州

源範頼は九州へ渡ろうとしますが難航します。
兵糧が減り、御家人の士気が下がります。
そんな中で三浦義村が交渉に当たり、なんとか九州へ渡ることができました。
「腹を割って話したら乗ってきた」
腹を割って話すのは大切ですね。

四国

源義経は四国へ渡ろうとしますが、暴風雨のため船が出せません。
しかし義経は夜中に船を出し、朝には四国に到着しました。
そこで平家を撃破します。
屋島の戦いです。

壇ノ浦

今の山口県にある壇ノ浦の海上で、源平両軍が激突します。
ワイヤーアクションで軽々と飛ぶ義経

船の漕ぎ手を狙うことで船が走行不能になります。
九州側への潮の流れにより、源範頼軍が攻撃しやすくなります。
www.youtube.com

不利となった平家軍は、三種の神器と、そして安徳天皇と母の二位尼が共に入水しました。
三種の神器のうち、八咫鏡(やたのかがみ)と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は発見されましたが、
草薙剣(くさなぎのつるぎ)は安徳天皇とともに見つかりませんでした。
benesse.jp

義経でさえ想像できなかった安徳天皇の入水。
後白河法皇に頼まれた三種の神器の奪還と帝の救出は果たせませんでした。
義経は義時にやり場のない感情をつぶやきます。

私の戦にケチをつけるのか。
この先私は誰と戦えばよいのか。
私は戦場でしか役に立たぬ。

平家を滅ぼしても義経は孤独です。

鎌倉

義経は鎌倉に帰るよう命じる頼朝と、
手放したくない後白河法皇の板挟みにされます。
検非違使の職を利用し、平宗盛を鎌倉に送り京へ戻すことにします。

平宗盛義経の頼朝への気持ちを伝えるため手紙を代筆しますが、
別人が書いたと見抜かれます。
おひとよしのようであり、育ちの良さがあふれています。
そして義経は宗盛に親子の再会をさせました。
義経には頼朝。
宗盛には知盛。
偉大な兄を持つ弟にしか分からない、義かもしれません。

義経は戦では舟のこぎ手を狙うご法度を平気で破りますが、
源義高にはセミの抜け殻をあげたり、
平宗盛には親子の再会をさせたりと、
義経は敵でさえ思いやることが、できるのです。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

屋島の戦い
本編ではスルーされてましたが、那須与一が活躍します。
intojapanwaraku.com

与一、鏑を取ってつがひ、よっ引いてひょうど放つ。
www.my-kagawa.jp

梶原景時じゃないよ。
www2.nhk.or.jp