晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

※まねをしてはいけない 「鎌倉殿の13人」 第19回『果たせぬ凱旋』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第19回『果たせぬ凱旋』


あらすじ

鎌倉入りを許されず京で悲嘆にくれる義経(菅田将暉)。
義時(小栗旬)は大江広元(栗原英雄)に知恵を借り、源頼朝(大泉洋)と義経との関係修復を模索するが、
後白河法皇(西田敏行)はそれを許さない。
愚痴をもらす頼朝に対し苦言を呈す八重(新垣結衣)。
この状況を政子(小池栄子)が憂う中、京では義経をめぐって里(三浦透子)と静(石橋静河)が対立。
さらに源行家(杉本哲太)が義経に近づいて頼朝への疑心をあおり……

www.nhk.or.jp

感想

義経の在り方をめぐり、
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

兄弟

義経と頼朝の関係が悪化していきます。
一度は鎌倉の手前まで戻った義経は、再び京へ行きます。
その間に平宗盛を討ったようです。

八重はもう以前のように頼朝に執着することはなく、
冷静さを持って嫌悪しています。
もはや頼朝を支える存在ではないのです。
「説教か嫌味のほかにお伝えすることはありません」

また文覚が頭蓋骨を持ってきました。
どこで拾ったのですか・・・。
ついに頼朝により父義朝の本物と認定されます。
そこらへんに転がっていたドクロの供養、
もとい父の供養に参列させるため義経を鎌倉に呼び戻そうとします。

義経

京に戻った義経は里と静御前の修羅場から逃げたり、
後白河法皇に振り回されたりします。

義経を食い止めようとして、脈止めをする後白河法皇
※まねをしてはいけない(長澤まさみ
義経検非違使であり京から出ることも難しくなります。

興福寺の元僧侶土佐坊と弁慶の激闘。
この裏には里の思惑が隠れているようです。
義経を生け捕りするよう言われてますが、土佐の坊はヤル気満々じゃないですか・・・。

この襲撃がきっかけとなり義経が挙兵し、頼朝を討つことになりました。
おじにあたる源行家が味方に付いた方はことごとく負けるため、
死神と揶揄されナレ死に至ります。

経験

後白河法皇が頼朝に義経追討の宣旨をあたえました。
今までは平家討伐のため義経を大切にしてたのに、
少しでも気に入らないことがあると「手のひらクルー」です。
手首が疲労骨折しそうな勢いですが、
今までも平家を懐柔してきたことを思えばたやすいことかもしれません。
すべては後白河法皇の手の上に・・・。

時政と義時は京へ上り、後白河法皇を前にしても負けませんでした。
そこへ義経が現れます。

義経は挙兵しても兵が集まらないこと、逃亡の身になったことを悔やみます。

「私のなにがいけなかったのだ。
戦のない世で私のようなものはどうやって生きていけばよいのだ」

時政は義経が経験不足であることに気付くよう諭します。

「策にたけた者はかえってだまされやすい。
経験もないのに自信もなければ何も出来ぬ。
では「自信」をつけるには何がいるか。
「経験」でござるよ。
自信をつけるには、経験でござるよ、まだまだこれからじゃ」

義経は自信の大きさにうぬぼれ、経験不足を痛感し、
別れを告げます。
「御台所に伝えてくれ。九郎は御台所の膝の温かさを生涯忘れないと」


まるで平家を滅ぼすためだけに生まれてこられたようなお方じゃな。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

静御前
xn--u9j228h2jmngbv0k.com

静御前の塚 大和高田にあります。
www.nihon-kankou.or.jp

巴御前静御前のように名前に御前がつくのは、
婦人に対する敬称と思えました。
知ってる方教えてください。
kotobank.jp