晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

征夷大将軍おめでとうございます。 「鎌倉殿の13人」 第22回『義時の生きる道』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第22回『義時の生きる道』


あらすじ

源頼朝(大泉洋)の上洛が決まり、命に従い随行する義時(小栗旬)。
大軍を率いて念願であった京へと上った頼朝は、後白河法皇(西田敏行)、九条兼実(田中直樹)と会談。
今後の世のあり方を思い描く。
そんな中、自分たちには利益のない上洛に、三浦義澄(佐藤B作)、
岡崎義実(たかお鷹)、千葉常胤(岡本信人)らが不満を募らせていた。
一方、比企能員(佐藤二朗)は比企家の地位を盤石にするため、一族の比奈(堀田真由)を……

www.nhk.or.jp

感想

一線をはなれて子育てに向き合う、
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

征夷大将軍

頼朝はお願いを命令にすれば、
義時や坂東武者が動くと思っているようです。
大姫を帝の妻にしたいと考えますが、すでに帝には后がいました。
すべて頼朝の思い通りにはいきません。

やがて
乱世をかき乱すだけかき乱し、日本一の大天狗といわれた
後白河法皇が、亡くなります。

そして
頼朝は将軍職を賜ります。
征夷大将軍おめでとうございます。
征夷大将軍

さらに
政子は千幡を産み、乳母を全成にします。
全成の占いは半分当たるため、
吉と出ても結果は吉と凶のどちらになるか分かりません。
征夷大将軍の世継ぎは大丈夫でしょうか・・・。

そのころ

八重が亡くなり、義時が孤児たちの世話をします。
金剛だけなら世話ができても、複数人の世話をこなすには限度があります。
武士の命ともいえる烏帽子がとれて髷も見えて、
もはや学級崩壊状態・・・。

八重さんと同じように、寝相の悪い子供を布団でくるむ義時。
限界を察して、孤児たちを引き取らせることにします。
学級崩壊よりも活路を与えるのです。

政子はお忍びで義時に会いに行き、
もちを食べ、子供のころの話で盛り上がり、伊東のころを思い出します。
娘、姉、御台所、母。
政子は立場が変わっても、思い出を忘れないのです。

鎌倉殿は比企の娘比奈にぞっこんですが、
政子にばれないために義時になすりつけます。
義時は比奈との縁談を断り、
比奈も義時のうさわのこともあり嫌なようです。

義時のうわさ。
色恋になると相当しつこい。
むっつり。
薄気味悪い。
八重さん「分かる」

そんなある日、
金剛は鶴丸を守るために、安達盛長の子供に怪我をさせました。
きちんと謝ることと守ることができる金剛と鶴丸
義時は金剛と鶴丸を兄弟のようにさせたいのかもしれません。

曽我兄弟

曽我十郎と五郎の曽我兄弟、烏帽子親は時政です。
時政は工藤祐経のかたき討ちを積極的に後押しします。
曽我兄弟は時政に内緒で、
比企にかたき討ちに乗じて鎌倉殿を討つ計画を伝えます。
比企にすれば計画が成功しても失敗しても、
万寿の烏帽子である比企が勝つと思わせます。
かたき討ち計画を邪魔されないよう根回しをしたのです。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

運慶
鎌倉初期の仏師。
www.huffingtonpost.jp

1180年には東大寺及び興福寺の仏像修復を手掛けます。
hobbytimes.jp

東大寺南大門金剛力士
www.todaiji.or.jp

ででーん。
阿形

吽形

巡回展

大阪で開催中です。
2022年6月7日(火)~6月20日(月)
pid.nhk.or.jp

奈良は例年11月上旬なので、大阪だと早く観に行けますね。