晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

もう、結構にございます。 「鎌倉殿の13人」 第24回『変わらぬ人』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第24回『変わらぬ人』


あらすじ

源頼朝(大泉洋)と万寿(金子大地)が巻狩りを終えて無事に戻り、喜ぶ政子(小池栄子)。
しかし、頼朝は自身に代わって鎌倉殿の座に就こうとした弟・範頼(迫田孝也)を許さず、余波が鎌倉を揺るがしていた。
比奈(堀田真由)を傍らに、三浦義村(山本耕史)、金剛(坂口健太郎)と思いを巡らせる義時(小栗旬)。
そんな中、亡き許嫁・源義高(市川染五郎)を慕い続ける大姫(南沙良)は、頼朝が用意した縁談話を歯牙にもかけず……

www.nhk.or.jp

感想

曽我兄弟の仇討ちの余波をめぐり
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

いちゃもん

頼朝と万寿が亡くなったという間違った情報で、
比企能員に説得されたことで範頼が次の鎌倉殿になろうと動きました。
なにも野心がなかったことを伝える起請文では、
源氏姓であることを言いがかりをされてしまいます。

これにより範頼は源頼朝に許しを請うことを諦めたようです。
全ては源氏のため、鎌倉のため、兄のために動いていたのに、
ひとつの疑いで信頼が崩れてしまいました。
もう、結構にございます。

乳母の比企尼が頼朝を叱責します。
お立場は、人間を変えますね。
あのときのあなたは、どこに行ったのじゃ。

鎌倉ではもう、
疑われるようなことをしただけで罪なのです。

ぶぶ漬け

大姫にはいいなずけがいる、木曽義仲の嫡男、源義高。

亡くなって何年もたちますが、大姫の中には義高が生きています。
なんとか立ち直ってもらおうと、全成が義高を呼び出します。
イタコ芸人全成。
しかしあっさり嘘だとばれます。

大姫は義高のことを知りたくて、巴御前に会いに行きます。
巴御前に義高ではなく、木曽義仲のことを話します。
人は変わるのです。
生きている限り前へ進まなくてはいけません。
面影が薄くなるということは、冠者殿が前へ進めと言うことなんですよ。

そして、巴御前和田義盛の人柄に癒されているようです。
その姿を見て前に進む決意をした大姫は、帝に嫁ぐため京にのぼります。

が、丹後局にぼろくそ言われてしまいます。
東夷(あずまえびす)。
かましいにも程がある。
帝の元に嫁ぎ男子を産むのに、一門を威信をかけている。
武力を傘に何事も押し通せると思うなよ。

木曽義仲義経も、後白河法皇や公家や環境に翻弄されました。
女である政子や大姫まで振り回されるとは、
京はほんま恐ろしいところですわあ( ゚Д゚)

私の好きな言葉です

三浦義村は義時に隠居しようと思うと話します。
裏切ったり裏切られたり、いい加減飽きた。
義時はまだ続けてほしいと懇願すると
分からんぜと、はぐらかしました。

京で高熱を出した大姫には優しく導きます。
鎌倉殿も北条もみんな忘れて、己の幸せのために生きる。
あたりまえのことです。
三浦義村は軽口ではぐらかしながらも、
誰かを救いたいという強い信念があるようです。

鎌倉に戻っても大姫の病は良くなりません。
自らの死を願い、義高に会う楽しみを母の政子に伝えます。
好きに生きるということは、
好きに死ぬということですか。
死ぬのはちっとも怖くないの。
死ねば義高殿に会えるのですもの。楽しみでしかない。

そして、
源義高には会えたのでしょうか。

大姫の死は源範頼の呪いなのでしょうか。
頼朝は己の死を怖れ、周りに死を与えています。

農作業にいそしむ範頼が、呪いを振りまくとは思えません。
範頼、義経
兄に殺される弟に罪はあるのでしょうか。
変わらぬ人は、誰でしょうか。

蒲殿・・・。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

源範頼
intojapanwaraku.com

範頼の母は、遠江の遊女。
一ノ谷の戦いでは総大将、壇の浦の戦いでは戦後処理で三種の神器を探す。
bushoojapan.com


らじるラボ9時10時台のゲストは迫田さん。
今回のブログはこれを聴きながら作りました。
www.nhk.or.jp

蒲殿・・・。