晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

頼朝、死ぬらしいな 「鎌倉殿の13人」 第26回『悲しむ前に』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第26回『悲しむ前に』


あらすじ

安達盛長(野添義弘)が涙に暮れる中、義時(小栗旬)は先を見据え、
大江広元(栗原英雄)らと頼朝の嫡男・頼家(金子大地)を次の鎌倉殿とする新体制作りを始める。
しかし、比企能員(佐藤二朗)の力が増すことを嫌うりく(宮沢りえ)が、
夫・北条時政(坂東彌十郎)をたきつけてこの流れに対抗。
鎌倉に不穏な空気が流れる中、狩りから戻った頼家は……

www.nhk.or.jp

感想

終焉してなかった頼朝をめぐり、
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

迷い

源頼朝は落馬しましたが、まだ生きています。
しかし目覚めず、あと数日の命。

時政、時連、三浦義澄の3人は水垢離に挑みます。
映像は三浦義村ではないためカットとなりましたw
(三谷脚本で水垢離といえば山本耕史ですから)
とうの三浦義村は一連の騒動を、客観的に判断しているようです。
頼朝、死ぬらしいな。

次の鎌倉殿は比企からは頼家を推す声があがり、
北条からは全成が選ばれます。
まんざらでもない全成は髪を伸ばし始めます。
比企の娘の比奈は板挟みになりますが、北条につくことを伝えます。
私は、北条のおなごですから。

高貴な方は、死期が近い時に臨終出家を行うと知ります。
頼朝の髷を切ると、小さな観音菩薩が出てきました。
捨ててはなかったのです。
鎌倉はまだまだ京の文化を知り、受け入れていく必要があります。
田舎の御家人集団は知らないことが多すぎます。

別れ

頼朝と政子。
流浪人と田舎の武家娘は、今では鎌倉殿と御台所です。
政子のひとめぼれから始まった夫婦は、
政子の愛情の中でほんとうの終焉を迎えました。

出逢ったときの思い出は、別離へつながります。
これは、なんでしょう。
佐殿・・・。

支え

次の鎌倉殿をめぐり、御台所も重要な地位です。
全成の妻である実衣は「私なら御台所をやれる」と強気な態度をとります。
しかし政子はそんな実衣には務まらないと見抜きます。
御台所に必要なものは権力だけでなく、
家族、御家人、鎌倉、京、すべてに配慮する力も必要です。

時政は「北条あっての鎌倉」と、
頼朝と全成を婿に迎えた北条の強さに自信を持っています。
義時は「鎌倉あっての北条」と、
鎌倉の中にある御家人のひとつと捉えます。

姉と妹。
父と子。
北条家にはすでに小さな亀裂が入っているようです。

政子は伊豆に帰ろうとする義時を引き留めます。
頼家を助けてやってちょうだい。
あなたに言われて腹をくくったのです。
少しは責任を持ちなさい。
これからは私を支えてください。お願い。
鎌倉を見捨てないで、
頼朝様を、頼家を。

義時に渡された頼朝の小さな観音菩薩は、
大きな波乱を連れてきそうです。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

頼朝は火葬されましたが、当時はまだ高貴な方のものでした。
鎌倉仏教により庶民にも火葬が普及したそうです。
ドラマだと、もう少し先ですね。

火葬の歴史
www.e-sogi.com

火葬の歴史と、これから。ダイヤモンド葬
www.lonite.jp

月ヶ瀬の土葬文化
gendai.ismedia.jp